【ミニマリストの日用品】日常生活に便利なアウトドアグッズ25選!

【ミニマリストの日用品】日常生活に便利なアウトドアグッズ25選!OUTDOOR
OUTDOOR

年々アウトドアやキャンプの人気が高まっていますね。

家族(ファミリーキャンプ)はもちろん、一人(ソロキャンプ)でもやってみたい!と思っている方も多いのではないでしょうか?

ただし、いざキャンプやバーベキューのアイテムを揃えるとなると“それなりの量の道具”が必要になってきます。

そうなると『保管場所』や『お金』がネックになってきますよね。。

そこでミニマリスト・シンプリスト的におすすめしたいのが『日常生活にアウトドアグッズを取り入れていく』という方法です。

この方法なら日常生活でも便利なアウトドア用品を無理なく揃えていけます。

メリットをまとめると次の3つになると思います。

アウトドア用品を取り入れる3つのメリット!
  1. 機能性、耐久性がありミニマルでシンプルな生活に役立つ!
  2. 本来のアウトドア用品として活用できる!
  3. 保管場所に困らない!

そこで今回は『日常生活に役立つカテゴリーごとのおすすめアイテムを25コ厳選して紹介』していきます!

アウトドア好きの方はもちろん、ミニマリストを目指す方にもおすすめです。

スポンサーリンク

日常生活にアウトドア用品を取り入れていく3つのメリット!

『アウトドア系のグッズを日常生活に取り入れいく』という方法で一番わかりやすい事例があります。

それは「アウトドブランドのアウタージャケットをタウンユースとして着る」というもの。

単にファッションスタイルの一つですが、ちゃんとしたアウトドアブランドのアウターなら実際のアウトドアで使うことが可能なわけです。

冒頭でも紹介していますが、この方法のメリットを整理すると以下の3点になります。

アウトドア用品を取り入れる3つのメリット!
  1. 機能性、耐久性がありミニマルでシンプルな生活に役立つ!
  2. 本来のアウトドア用品として活用できる!
  3. 保管場所に困らない!

それぞれのメリットを簡単に踏まえた上で、おすすめのアイテムを順次紹介していきます。

メリット①:機能性、耐久性がありミニマルでシンプルな生活に役立つ!

アウトドア用品は厳しい自然環境での使用を想定しているため耐久性機能性を重視して作られています。さらに軽量・コンパクトな設計のものも多いのでミニマリスト的なシンプルなライフスタイルにはとっても相性が良いんです。

メリット②:本来のアウトドア用品として活用できる!

アウトドア用品なので当たり前といえば当たり前ですが、普段使っているものや身に付けているウェアでそのままアウトドアを楽しむことができます。

実はこれ、『災害対策』にもなるという副次効果があります。

ミニマリストの生活は、平常時は何も困ることはなくても災害や外出自粛などの非常時に大変な目にあってしまうリスクもありますよね。

普段の生活でもアウトドア用品を活かしていると非常時にも安全・安心に生活できるようになるというのは大きなメリットになります。

メリット③:保管場所に困らない!

普段使いしていれば自ずと『保管』する必要はなくなります。

もちろん全てというわけにはいきませんが、先に紹介したように『災害時の備蓄や防災対策も兼ねる』と考えれば保管スペースを拡大することはありません。

以上、まさに一石三鳥!なのです。

これをルームウェアや調理器具、防災用品など普段のライフスタイル全般に発展させていくと、少しずつアウトドア用品を揃えていくことができます

以降ではさまざまなカテゴリーごとにアイテムを紹介していきます。

❶ 衣類関係(ウェア、バッグ、シューズ)

おすすめアウトドア用品:衣類(ウェア、リュック、バックパック類)

まずは衣類関係から紹介します。

衣類系の中でも一番手をつけ易いのが『ウェア』ですね。

最近はアウトドアブランドのアウターをタウンユースで着こなすファッションも人気。そんな定番の『アウターウェア』から『インナーウェア』、『ルームウェア』まで紹介します。

アウターウェア:マウンテンジャケット / ダウンジャケット / レインウェア

タウンユースも兼ねるとなると、アウターは見た目も重要。その点で、機能とデザインのバランスが良い『ノース・フェイス』を中心に紹介します。

マウンテンジャケット

これはむしろファッションアイテムとしてメジャーアイテムですね。

男女ともに人気がありますし子供用にも重宝します。

マウンテンジャケットについては【マウンテンジャケット】1年中着られる万能ウェア! 選び方とおすすめブランド3選という記事で詳しく紹介しているので、こちらの記事も参考にしてみてください。

様々なブランドでいろんなバリエーションがありますので選ぶ際のポイントいくつか紹介します。

マウンテンジャケットを選ぶポイント!
  1. 軽くて持ち運べる
    300gくらいから600gくらいが重ね着したりするのに便利ですし、街中であればオールシーズン利用できます。まるめて袋に入れて持ち運べるとカバンにしのばせておけるようなものがgoodです。
  2. フード付きで防水透湿性の機能がある
    小雨が降ってきたときやなんならゲリラ雷雨でも、さらっと羽織れば濡れることがないので重宝します。『防水性』+『蒸れないように透湿性』もあるものが着ていて快適です。
    2.5層とか3層構造といったものを選ぶと良いでしょう。
  3. サイズは若干ゆとりがあるくらいがベスト
    寒いときなど下に着込んで温度調節できるように少しゆとりがあると良いです。
  4. カラーは無難にブラックやネイビー系
    超定番なので、少し違ったデザインや柄にしたくなりますが、ほんとに超融通が利くので、ここは冒険せず、無難なカラーにしておくことをオススメします。
◆ドットショットジャケット ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE]

マウンテンジャケットの定番といえばノースフェイスの『ドットショットジャケット』です。

ノースフェイスだけでもかなりたくさんのジャケットがありますが、一番ベーシックなのががこちら。

定番であるドットショットジャケットはレディース用やキッズ用もあります。

我が家は家族みんな1着ずつ持ってますね。

◆ワバシュⅡジャケット コロンビア[Columbia] 

もう一つおすすめなのはコロンビアのワバシュジャケットです。ドットショットジャケットと同じ位置付けですが、コロンビアが少しマイナーなので他人とかぶることはあまりないです。

ドットショットはゆとりがあるサイズ感ですが、ワバシュジャケットはシルエットも着心地も結構タイトで個人的にはこちらの方が好み。

コロンビア製品全般に言えますがノースフェイスと比べて『価格は安め』というのもポイントです。

ダウンジャケット

ダウンジャケットも冬のアウターの定番ですが、アウトドア用途で重宝するダウンはインナータイプのものです。

というのも、ダウン自体は水や風に強くはなく、丈夫と言うわけでもないので、アウトドアのアウター用としてはそれほど出番が多くはありません。

薄手のインナータイプのものは、マウンテンジャケットの下に着ることで温度調整ができますし、秋ならアウターとしても使えます。

選ぶときのポイントとしては2点です。

  1. 持ち運べる程度の軽さと薄さ
  2. フード付きではなく、インナータイプのもの

ただ、登山など本格的なアウトドアでなければ『ユニクロのウルトラライトダウンでも良いかな』という感じです。

◆サンダーラウンドネックジャケット ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE]

レインウェア

マウンテンジャケットでまかなえなくもないですが、山の天気は変わりやすく、突然どしゃぶりになったり、一日中降り続いてるなんてこともあります。

そんなときのためにレインウェアがあった方が良いです。

  • 上下セットであること
  • パンツの裾に開閉機能が付いているもの
  • 持ち運びできる
  • 耐水圧約20,000mm以上
    ウィンタースポーツのウェアでもギリギリ使えるレベルです。
    ちなみに、Gore-Texは40,000mm以上
◆ハイベントレインテックス ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE]

ルームウェア:水陸両用パンツ/機能性インナー / フリース / ダウンパンツ

ここからは『タウンユースとアウトドアの外着を共通化してしまおう』という発想を派生させていきます。

水陸両用パンツ

夏に定番のハーフパンツは、圧倒的にアウトドアブランドの『水陸両用パンツ』がおすすめです!

水陸両用とは、普段着なんだけど水着のような素材、製法でつくられているものです。

速乾性に優れていて、雨や汗で濡れてもすぐに乾きます。

なので普通に屋内で着ていても着心地が良いし洗濯もとっても楽。

最近はユニクロなどでも同様のコンセプトのパンツが発売されていますが、ユニクロのものはアウトドア用では無いです。

アウトドアブランドのものはアウトドアで使うためのパンツなので、機能面など細かい作り込みが違います。

◆クラスファイブカーゴショーツ ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE]

クラスファイブカーゴショーツはノースフェイスのハーフパンツとしても定番ですが、水陸両用パンツでもあります。

◆バギーズショーツ パタゴニア[patagonia]

機能性インナー

次は、下着や部屋着です。

機能重視になるので、コスパが高い国内メーカのモンベルを中心に揃えていくのがよいでしょう。

機能性インナーとは、ユニクロだと夏は『エアリズム』、冬は『ヒートテック』のようなものですね。

夏物はあまり性能差を感じられませんので、ユニクロで良いと思いますが、冬物は保温性や速乾性、耐久性などの点で、アウトドア用をオススメします。

また、疲れにくいという機能性インナーなんかもあります。

インナーの効果やメリットについての詳細は【ミニマリストのインナーウェア】機能性を高めて衣類を減らそう!という記事にまとめていますので、ご興味があれば参考にしてみてください。

  • メリノウール素材

    よく挙げられるメリットとしては「着心地の良さ」「高い保温機能」「防臭効果」です。また、素材は「天然素材」なので、肌の弱い人や子どもにも安心して着させられます。
◆スーパーメリノウール EXP. ラウンドネックシャツ&タイツ モンベル [mont-bell]

フリース

これはアウトドアブランドの定番というものがあります。PatagoniaのR2ジャケットです。

ユニクロのものと比べて圧倒的に価格差があります。

確かに丈夫で暖かく、動きやすさなど機能性やディテールにこだわって作られていますが、『機能面で価格差ほどの違いがあるか?』というと正直わかりません。

ただ、かっこいい!というのが明確な差です。

家の外でも中でもガンガン着まわしていけます。

◆R2ジャケット パタゴニア [patagonia]

ダウンパンツ

想像するだけでご理解いただけると思いますが、部屋着として着るとほんと暖かいです。光熱費の節約にもつながります。

街中で着ることはないと思いますが、山の朝晩はぐっと冷えるのであると良いです。

◆スペリオダウンパンツ モンベル [mont-bell]

バッグ:バックパック

ウェアやその他のグッズをまとめておけば防災セットになります。

アウターと同じく、これもデザインも重要ですね。

  • 両手が使えるリュックタイプ
  • 20〜30L程度の容量
◆アロー 22 アークテリクス [ARC’TERY]

シューズ:アウトドアシューズ

アウトドアシューズもタウンユースにしてしまうというスタイルもあるようです。

僕は併用まではしていませんが、アウトドアシューズはかなり重宝します。スニーカやビジネスシューズ、パンプスしか持っていないのであれば非常時にも役立つので一足は持っておきたいです。

災害時にはさっと履けるように下駄箱や車に保管しておくと良いでしょう。

◆XA PRO 3D GTX サロモン [salomon]

おすすめするのはサロモンのトレランシューズ(XA PRO 3D GTX)です。

【サロモン XA PRO 3Dのレビュー】1足は欲しいアウトドアシューズ!という記事で解説していますが、日常生活でもアウトドアでも役に立つアイテムです。

アウトドアシューズを選ぶポイントや活用方法、XA PROのレビューについてはこちらの記事をチェックしてみてください。

❷ 食関係(調理器具、食料)

おすすめアウトドア用品:食関係(調理器具、食料)

アウトドアの醍醐味の一つとして自然の中での『食事』がありますね。

一からつくるというのもアウトドアの楽しさの一つかもしれませんが、準備や片付けは大変です。

シンプルなライフスタイルとして提案したいのは災害時の保存食や水のローリングストックを使うことです。

実際にアウトドアで食べる経験をしていると災害時のいざというとき役立ちます。

調理器具:クッカー / バーナー・ストーブ

クッカー

クッカーとは、屋外で使える携帯用の小型の調理器具のことです。

  • 嵩張らずにまとめる(スタッキング)できる。
  • 軽くて丈夫な素材

素材はアルミかチタン、ステンレスがメインです。

◆チタントレック-900 スノーピーク [Snow Peak]

バーナー・ストーブ

電気やガス、水道というインフラがなくても調理ができるようになるには、火を扱えなくてはいけません。

防災用というだけならカセットコンロでも良いですが、アウトドア用で統一してしまえば、趣味と実益を兼ねることができますよね。

◆マイクロレギュレーターストーブ FUSION Trek (フュージョントレック)SOD-330 SOTO

◆P-115 フェムトストーブ プリムス[PRIMUS]

普段使うわけで無い場合は『とにかく小さいシングルバーナー』というのも選択肢です。

僕はお湯を沸かすだけの簡単料理のキャンプがほとんどなのでプリムスの『フェムトストーブ』を愛用しています。

食料:ローリングストック

簡単に調達できて、味もおいしくておすすめなのが無印良品です。

◆素材を生かしたカレー バターチキン 180g(1人前) 無印良品

スポンサーリンク

❸ 住関係(寝具、家具、収納)

おすすめアウトドア用品:住関係(寝具、家具、収納)

ふだん使うことはあまりないので災害対策の観点で『省スペース』&『高機能』のものを紹介します。

テント:登山用テント

スポーツ用品店にあるアウトドアコーナーに展示されているようなファミリー向けのテントは非常に大きくて重量もありますので、災害時のことを考えるとオススメできません。

軽い登山用程度のものが軽くて丈夫なので良いですね。

◆エリクサー3 MSR

イス:折り畳みチェア

ヘリノックスのようなイスは持ち運びできて、インテリアにもなります。

部屋の中でも自由に出したり仕舞ったり、移動したりできるのでおススメです。

◆コンフォートチェア ヘリノックス [Helinox]

ランタン:LEDランタン

ガソリン式やガス式のランタンは『暖色系の自然な発光』によりアウトドアの雰囲気が高まります。

ただし、燃料の保管やメンテナンスなどが必要になってきます。

一方、LEDタイプのランタンはそういった面倒なことはありません。

最近は高機能で扱いやすいLEDタイプがランタン市場でもメインストリームとなってきていますし、まず最初は災害時にも使いやすいLEDタイプを持っておきましょう。

◆クアッドマルチパネルランタン コールマン [Coleman]

災害対策兼用というのならコールマンのクアッドマルチパネルランタンがおすすめ。

◆ザ・ランタン バルミューダ [BALMUDA]

もうひとつおすすめはバルミューダのランタン。こちらはお部屋で実用的に使いながら、インテリアにもなるという人気アイテムですね。

さすがのバルミューダ製。部屋でもキャンプでも使いたくなるクオリティです。

『LEDじゃ雰囲気でないし。。』と思っていた方には特にうってつけです!

収納ボックス:クーラーボックス / 収納ボックス

アウトドアで食べ物や飲み物、道具を保管したり持ち運ぶためのボックスは、
災害時などいざというときのために、インドアでもそのまま収納、保管用として使います。

クーラーボックス

性能の高いクーラーボックスであれば、2、3日程度なら食材を保冷できたりします。
キャンプやバーベキューで冷たいドリンクや食材を扱えるのでぜひ持っておきたいアイテムです。

また、普段は車を所有している方なら車のトランクに積んでおくと重宝しますし、置き場に困らないのでおすすめですね。

◆クーラーボックス タンドラ35  イエティ [YETI]

収納ボックス

アウトドアに出かける際に一式持ち運びできるように、キャンプ道具をまとめて保管しておきます。

このようにしておくと、災害時などいざというときにも必要なものがどこにあるか、というのが明確で安心です。

◆ポリプロピレン頑丈収納ボックス 無印良品

スポンサーリンク

❹ その他のおまけアイテム

他にもアウトドア用のアイテムを普段使いしているものがいくつかあったので、紹介しておきたいと思います。

傘:折り畳み傘

アウトドア用の傘はとにかく軽くて耐久性があります。
コンパクトにもなりますので、常にカバンに入れて持ち歩くのがスマートですね。

◆トラベルアンブレラ モンベル [mont-bell]

ライト:LEDライト

防災用の懐中電灯を保管しておくくらいなら、自転車やアウトドアにも使えるライトを普段使いしましょう。

◆SG455B GENTOS

手袋:スノーボードグローブ

私はスノーボードも趣味なので、ボード用のブランドのものを使っていますが、
登山やサイクリングなど、別の趣味がある方、やってみたい方は普段使いに併用してみることができるかもしれません。

◆スノーボードグローブ メンズ ミット ミトン バートン [Burton]

コーヒー:コーヒーミル

キャンプ場でもなるべく手間暇をかけないスタイルですが、コーヒーに限ってはあえて豆を挽いてを飲みたくなります。

また、時間のある休日、たまには豆を挽いてコーヒーを飲むというのも良いものです。

持ち運びできるコンパクトなものなら家でも外でも使えて便利です。

◆コーヒーミル・Ⅱミニ ポーレックス [Porlex]

スポンサーリンク

さいごに

日常生活にも使えるアウトドア用品をざっと25アイテム紹介しました。

カテゴリ別に紹介したアイテムを一覧にするとこちらの通り。

衣類関係(11アイテム)
  1. ドットショットジャケット ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE]
  2. ワバシュⅡジャケット コロンビア[Columbia] 
  3. サンダーラウンドネックジャケット ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE]
  4. ハイベントレインテックス ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE]
  5. クラスファイブカーゴショーツ ザ・ノース・フェイス [THE NORTH FACE]
  6. バギーズショーツ パタゴニア[patagonia]
  7. スーパーメリノウール EXP. ラウンドネックシャツ&タイツ モンベル [mont-bell]
  8. R2ジャケット パタゴニア [patagonia]
  9. スペリオダウンパンツ モンベル [mont-bell]
  10. アロー 22 アークテリクス [ARC’TERY]
  11. XA PRO 3D GTX サロモン [salomon]
食関係(4アイテム)
  1. チタントレック-900 スノーピーク [Snow Peak]
  2. マイクロレギュレーターストーブ FUSION (フュージョン)SOD-330 SOTO
  3. P-115 フェムトストーブ プリムス[PRIMUS]
  4. 素材を生かしたカレー バターチキン 無印良品
住関係(6アイテム)
  1. エリクサー3 MSR
  2. コンフォートチェア ヘリノックス [Helinox]
  3. クアッドマルチパネルランタン コールマン [Coleman]
  4. ザ・ランタン バルミューダ [BALMUDA]
  5. クーラーボックス タンドラ35  イエティ [YETI]
  6. ポリプロピレン頑丈収納ボックス 無印良品
その他おまけ(4アイテム)
  1. トラベルアンブレラ モンベル [mont-bell]
  2. SG455B GENTOS
  3. スノーボードグローブ メンズ ミット ミトン バートン [Burton]
  4. コーヒーミル・Ⅱミニ ポーレックス [Porlex]

アウトドアグッズは基本的に防災用品として使えます。

日本に住んでいる以上災害対策は欠かせないので、ぜひ少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか。

考え方や揃え方は【ミニマリストの防災】必要な備蓄と揃え方! 本質を押さえればモノはあまり増やさなくて大丈夫という記事でも紹介しています。

アウトドア用品を揃えるのに役立つと思いますのであわせて読んでみてもらえればと思います。