【サロモン XA PRO 3Dのレビュー】1足は欲しいアウトドアシューズ!

【サロモン XA PRO 3Dのレビュー】1足は欲しいアウトドアシューズ!OUTDOOR
OUTDOOR

マウンテンパーカーなどの『本格的なアウトドアブランドのウェアをタウンユースでも使う』のはミニマリストに限らず人気のスタイルですよね。

では『フットウェアも同じようにアウトドアシューズをタウンユースできるか?』というと、本当に靴を1足しか持たないという場合はそうすると思いますが、僕はしてません。(ふつうのスニーカーや革靴も好きなので。)

ですが、【ミニマリストの日用品】日常生活に便利なアウトドアグッズ20選!という記事でも紹介しているように、アウトドアシューズがあると超便利

具体的な利用シーンは、『梅雨や台風の時期など、結構激しく雨が降るときの外出』だったり、『積雪のあるときの外出」です。

こういったときは普段の靴は汚れやダメージが残ってしまう可能性もあり、また転んで怪我するリスクなども考慮すると、アウトドアシューズが最適です。上着もマウンテンジャケットなどを羽織っていれば何も不自然ではありませんしね。

特に考えておきたいシーンが災害時。『スニーカーやパンプスしかないし!』とか言ってられないのでそれで過ごすしかありませんが、その生活は疲労感とかハンパないし、アウトドアシューズがあればかなりストレスを低減できます。

でも、アウトドアシューズとはいっても様々で、一体どんなシューズが適しているか?という疑問が残ると思います。

そこで、今回はアウトドアシューズの選び方を紹介し、後半では実際に僕が使っているサロモンのXA PRO 3D Gtxのレビューをしたいと思います。

また、アウトドアシューズは、登山靴やスノーブーツなどアウトドアで使用する環境に特化した様々なタイプがありますが、『キャンプに使えるアウトドアシューズ』であれば、かなり用途が広がります。

キャンプ以外にも下記のようなアウトドアを楽しむ方は参考になるかと思います。

  • フェス
  • ハイキング
  • 釣り
スポンサーリンク

便利なアウトドアシューズとは

『アウトドアシューズ』というと定義がかなりあいまいですが、日常生活を便利にするという観点で必要な要件を整理すると次の5つくらいあると思います。

  1. 軽量・・・疲労低減
  2. 防水性能・・・快適性
  3. 足の保護・・・ケガの予防
  4. 脱ぎ履きのしやすさ・・・利便性
  5. 耐久性・・・コスパ
  6. デザイン性・・・タウンユース

このような特性を持っていれば、アウトドア全般に活用でき、いざタウンユースで使うとなっても問題ありませんよね。

普通のランニングシューズでは足場の悪い道では保護してくれませんし、シューズ自体も壊れてしまうかもしれません。また、雨の日に履けるものではないですよね。

一方、登山靴までくると、走ることを想定していないので重くなり見た目もゴツくなります。そして履いたり脱いだりするのも一苦労です。

おすすめは『トレイルランニングシューズ』

では、どんなタイプのアウトドアシューズが適しているか?というと『トレイルランニングシューズ(略してトレランシューズ)』がおすすめ。

トレイルランニングシューズは、トレイルランニング用のシューズです。(当たり前の説明…)

トレイルランニングとは?

その『トレイル』とは未舗装路のことです。未舗装路は林道、砂利道、登山道などをイメージしてもらえれば良いですが、これらのトレイルを走るのがトレイルランニングです。

要は『ハイキングコースや登山コースを走るスポーツ』で、特に海外で人気のスポーツです。日本でも徐々に人気が高まってると思いますが、それほど人口は多くないはずです。それでもトレランシューズは人気です。

なぜなら、トレイルランニングほどの厳しい環境でなくても使い勝手が良いからです。

それは、トレイランニングに求められる機能をみるとわかります。

トレイルランニングシューズの機能

トレイランニングシューズの機能はだいたい以下の通り。

  1. 比較的軽量
  2. 防水性能(仕様による)
  3. 足の保護(仕様による)
  4. 脱ぎ履きのしやすさ
  5. 耐久性(仕様による)
  6. デザイン性(メーカによる)

先ほどあげた『便利なアウトドアシューズの要件』にほぼ合致します。

ただし、トレイルランニング用といっても『ランニング寄り』か、『トレッキング寄り』かで仕様が異なります。また、防水性も有るものと無いものがあるのでこの点は要注意です。

タウンユースやキャンプやフェス、ハイキング、釣りなどのアウトドアはランニング用途ではありませんので、トレッキング寄りのトレランシューズを選ぶというのがポイントです。

SALOMON XA PRO 3D のレビュー

サロモンといえばスキーやスノーボードなどのウィンタースポーツアイテムで有名なメーカーですが、かなり豊富にランニングシューズやアウトドアシューズを展開しています。

そのアウトドアシューズの中でもトレイルランニングといったアドベンチャーシューズの先駆け的存在であり、その代表作がXAシリーズです。

XAシリーズは、アドベンチャーレースといった、自然をフィールドに道なき道を駆け抜けるスポーツに対応するハイスペックモデル。唯一無二のアウトドアシューズとして発売されて以来、進化を続け現在第8世代となるロングセラーモデルです。

水がシューズ内に入ってしまった時に抜けの良いノンゴアタイプ

日本人特有の幅広甲高の足型にもフィットするWIDEモデル

基本性能

重量は370g

ランニングシューズと比較すると少し重いですが、ソールがしっかりしている分仕方ない部分ではあります。アッパー部分はかなり軽量化されているので、重量感はスニーカーと同じくらいです。

アウトソールは『Premium Wet Traction』という、地面が濡れていてもスリップしづらい構造を採用しています。

実は、アウトドアシューズを本格的に履き比べている方のレビューなどでは、『滑りやすい』という声もありますが、普通の靴と比べたらよっぽど滑らないです。

脱ぎ履きしやすいクイックレース仕様

これはスノーボードの経験がある方は想像できると思いますが、靴紐タイプは脱いだり履いたりするのが面倒です。

クイックレース仕様はひもをキュッと引っ張るだけで良いのでとっても楽ちん。

使い方は下の動画を見ていただければと思います。

フィット感にこだわる方は自分で紐で縛る方が良いという意見もあります。ランニングシューズにしても同じ声がありますが、ランニングやスノーボードなどのアクティブな運動が目的ではないので、クイックレースの快適性はうれしいポイントです。

実際僕はフィット感に関しても全然違和感ないですし、キャンプのときはテントに入ったり出たりするのでクイックレース仕様は相性良いなぁと実感します。

Gore-TEXによる防水性能

XA PROにはGore-TEX仕様による防水タイプとそうでないタイプがあります。

おすすめは絶対防水タイプ。

例えば、キャンプ場の天候は変わりやすく、すぐに雨が降ったりします。また、キャンプの朝とかって、朝露で草が濡れまくってたりしますよね?防水のシューズだと全然気にならないです。

砂利や砂の侵入も全くないので汚れにも強いです。

XA PRO 3Dのデザイン

ランニングシューズやトレランシューズはカラフルなデザインが多いです。XAシリーズもいろんな配色がありますが、ブラックは定番カラーで無難です。

BEAMSでもSALOMON × BEAMSのコラボでXA PROを扱っていますね。見た目をこだわる方はこちらもおすすめ。

スポンサーリンク

まとめ

今回はアウトドアシューズとして何かと重宝するトレイルランニングシューズ(サロモン XA PRO 3D)を紹介しました。

非日常を体験できるアウトドアですが、上手にアイテムを活用すると日常生活にも役立ちます。

シューズ以外のアイテムも気になる方はぜひ【ミニマリストの日用品】日常生活に便利なアウトドアグッズ20選!という記事も参考にしてみてください。