【断捨離の本当のやり方】ものごとの『本質』を見出そう!

【断捨離の本当のやり方】ものごとの『本質』を見出だそうBOOK
BOOK

もはや一般用語になりつつある『断捨離』。

“これから断捨離をはじめてみたい!”という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一方で、断捨離をやってみたけど “うまくいかなかった…”、”続けられない!”というのもよくあるケースです。

そもそも、『断捨離』は “手段” なわけですが、断捨離をする “目的” は明確になっていますか?

最近は『1日1捨』なんて習慣も広まっていて『断捨離 = 捨てる』というイメージが強いですが、断捨離の本来の目的は、ものを捨ててスッキリすることではありません。

断捨離の目的とは『自分の人生をより本質的にすること』にあります。

捨てることを習慣にしようとすれば、食事をがまんしてダイエットするのと同じようにリバウンドをしてしまったり、逆に手段(捨てる行為)そのものに執着してしまい目的を見失ってしまいがち。

今回は『断捨離』の本来の意味と方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

断捨離のやり方

『断捨離』は『断』『捨』『離』の3つの要素から成り立っています。

それぞれの意味は以下の通り。

断捨離の3つの要素と意味
  • 断:入ってくる不要な物を断つ!
  • 捨:家にずっとある不要な物を捨てる!
  • 離:物への執着から離れる!

捨(不要なものを捨てる)というのは『断捨離』のうちの一要素であることがわかると思います。

断捨離の順番は『断』→『捨』→『離』

本来の断捨離の順番からいうと『入ってくる不要な物を断つ』ことが一番です。

断捨離がうまくいかない原因の多くは、『入ってくる不要な物を断つ』ができていないことだと考えられます。

なぜなら『ものが絶え間なく入ってくる状態』のままでは、ずっと捨て続けなくてはなりませんよね。いちいち必要 / 不要の判断も必要ですし、これだと人間誰でも続けていくのは難しいです。

一方で『不要なものが入ってこない状態』ならどうでしょうか?

それなら、ずっとある不要なものを『自分のペースで』捨てていけばよいだけです。別に『1日1捨』である必要もありませんよね。

まずは余計なものを断つのが先決!ということです。

ただし、不要 / 必要の判断ができるよようになるために、まずは『捨てる』ことも大事。今の自分自身を見つめ直し、思考・感覚・感性を取り戻すきっかけを得るのに役立ちます。

断捨離はあくまで手段

断捨離の効果として紹介されているものは挙げればキリがないほどたくさんあります。

断捨離の効果といわれているものの例
  1. 時間に余裕ができる
  2. モノの価値がわかるようになる
  3. お金が貯まりやすくなる
  4. 人間関係がスムーズに
  5. 運気がアップする

ただし、要らないものを捨てるとこのような効果が生まれるのではありません。

つまり、ものを捨ててスッキリしたら人生が変わるような世界が待っているのではないということ。

例えば『運気がアップ』。部屋が汚いと運気が下がるというのは風水などで言われることが理由だと思いますが、部屋を片付けたら運気が上がります。というのと変わりがありませんよね?

これはよく言う『手段と目的が逆になってる』状態です。

断捨離の3つの要素は全て『行為』であり、あくまで目的を達成するための手段です。

要は、これらの効果(目的)のために日々実践するのが『断捨離』(手段)ということです。

断捨離の目的は『日々の生活をより本質的にする』こと

では、断捨離をする目的は何か?といえば、仕事や家事、育児などの日々の生活を『より本質的にする』という一言に尽きます。

世の中はもので溢れていて、『やらなくてはいけない』『やっておいた方が良い』という思考になりがちです。これは『欲しいもの』を『欲しいとき』に『欲しいだけ』という価値観です。

でも、本来は『必要なもの』を『必要なとき』に『必要なだけ』あれば十分なはずです。

だって、字のごとく、必要なもの以外は不要だから。そして本来不要な物事に時間やエネルギーを奪われていては、本当に必要なことが思うように進むわけがありませんよね。

両者の違いは『本質的であるかどうか』です。

『なんだかごちゃごちゃしたものをスッキリしたい!』『がんばってるけど成果がでない!』このように感じているのならば、自分にとって大切な本質的なこと以外の物事に時間やエネルギーを奪われているということなのかもれません。

『断捨離』は本当に必要なことは何か?を問う作業です。

そうすれば先にあげたような様々な効果を得ることにつながることが理解できると思います。

スポンサーリンク

本質的な生活を目指すのにおすすめの本

女性の方なら『ときめくかどうかで捨てる判断する』というやり方があるように、捨て方とか捨てるルールはいろいろな方法が紹介されているので自分なりにやってみると良いと思います。

いずれにしても『断捨離』はより良くするために瑣末なことを省いて本質を磨くということをおさえておけば間違うことはありません。

基本的な考え方は、簡潔に『より少なく、より良く』です。

エッセンシャル思考:グレッグ・マキューン(著)

『より少なく、より良く』と言う言葉は『エッセンシャル思考』からの引用です。ミニマリスト志向の方はぜひ一読しておくことをおすすめします。

7つの習慣:スティーブン・R・コヴィー(著)

先に紹介した『エッセンシャル思考』の本の中でも引用されているのが『7つの習慣』です。

7つある習慣のうちの1〜3(私的成功の領域)はエッセンシャル思考そのものです。

  • 第1の習慣:主体的である
  • 第2の習慣:終わりを思い描くことから始める
  • 第3の習慣:最優先事項を優先する

まとめ

今回は『断捨離』の目的は自分の人生をより本質的にすることであると紹介しました。

より本質的に生きるということを学べば、あとは『断捨離』をやるだけ。是非トライしてみましょう!

断捨離の3要素
  • 断:入ってくる不要な物を断つ!
  • 捨:家にずっとある不要な物を捨てる!
  • 離:物への執着から離れる!