【1年間で100万円貯める】我慢しないでできる3つの方法と具体的な手順

【1年間で100万円貯める】我慢しないでできる3つの方法と具体的な手順SAVING
SAVING

なかなか貯金できない。。そう悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

コツコツと貯蓄していくというのは結構しんどいものですよね。

日々節約をしてずっと我慢し続けるのであれば、途中で諦めてしまうのも無理はないかもしれません。

そこで、我慢して節約する方法とは違う、我が家で実践しているお金を貯める方法を3つ紹介したいと思います。

その方法とは以下の3つ。

我慢しないでお金を貯める3つの方法
  1. 頑張らない節約方法
  2. 収入自体を増やす方法
  3. 投資による不労所得による方法

まずは1から順番に実施していくと良いと思いますが、それぞれの方法の合わせ技も使えます。

うまく組み合わせていけば、我慢せずに貯金を増やすことができると思います。

今回は、それぞれの方法でキリよく1年間で100万円を貯める具体的な方法を紹介しますが、目標金額が10万円、50万円、200万円、300万円、どなたにでも参考になると思います。

スポンサーリンク

1年間で100万円貯める3つの方法と順番

お金を貯めるには、シンプルに『収入に対する支出を抑えて余ったお金を作る』しかありません。

ただ、その方法は3通りあります。

お金を貯める3つの方法
  1. 支出を抑えて節約する方法
  2. 収入自体を増加させる方法
  3. 投資による不労所得による方法

どの方法も一見すると大変そうですが、頑張らずにやる方法はあります。

年間100万円、月に8万円程度貯めることを想定して記載していますが、目標額や期間に応じて調整できると思います。

実施する順番は1→2→3の順

この3つの方法は実施していくのは1→2→3の順番が理想です。

その理由と次のステップに移っていく目安なんかもあわせてそれぞれの方法を解説していきます。

我慢しない節約方法

お金を貯める一番の方法は堅実に倹約して、無駄な出費を抑えることです。

出費を8万円削減するのは結構大変だと思いますが、ここで身につけた節約術は今後の人生を楽にしてくれます。

ここで間違ってはいけない大事な点は、

節約 ≠ 生活を切り詰めていくこと

です。

生活を切り詰めていつもお金の事ばかり気にしていては長続きせず、結果として貯蓄ができないものです。

しかし、文字通り”無駄”な支出さえ抑えることができれば、我慢することはなく節約はできます。

当サイト(SIMPLE LIFE STYLING)で紹介している節約関係の記事は、我慢しないというのが基本的な考え方です。

(下にあるどの記事タイトルも節約のための節約法ではないことがわかると思います。)

頑張らないで結果として節約になる生活スタイルを身につけましょう。

最初にやっておくこと

無駄な支出を抑えるために最初にやっておくと良いことが、家の中で不要かもと思う物を売ってみることです。

捨てるのではなく、売ってみることのメリットは2つ。

  1. 目標とする貯金額の足しになる
  2. 今後、買い物するときの価値基準が身に付く

実際に売ってみると、思ったより値が付くものと逆に全く値が付かないものがあることに気がつくと思います。

大半は後者になることが多く、期待するほど貯金額の足しにはならないのですが、、今後何か物を買うときにしっかり使い続けるかどうか?そうでないならリセールが効くものか?という価値基準が得られます。(これがなにより大事)

リセールが効くものはメルカリなどを使えばそこそこの値段で買い取ってもらえますが、一番最初は値がつかないものものも大量にあると思うので一括で取り扱ってもらえるサービスを利用すると良いでしょう。

節約生活のメリット

我慢しているわけではなく、目的を果たしながら無駄な出費を抑える生活は充実感を伴うものです。なぜなら、必要なことに時間とお金をかけていると実感できるためです。

そして、収入が増えていったとしても生活水準がそれほど上がらなくて済みます。

後ほど紹介する、収入を増やしていく方法や資産運用による方法のどちらの効果も高めてくれるようになるわけです。

また、もし収入が下がってしまったときにも対応できるので、やっておかない手はありません。

節約生活のデメリット

節約生活がしっかり身についてしまい、今の生活だけにフォーカスしてしまうと、旅行や外食、趣味などの新しい経験を得る機会を失ってしまうかもしれません。

また、後々無駄だったとわかって後悔すると、だんだんお金を使うことに罪悪感を感じるようになってしまいます。

そこで、節約生活が身についたのなら、節約だけでお金を貯め続けるのではなく以降で紹介する次のステップに移行しましょう。

スポンサーリンク

収入を増やす方法

年間100万円を収入アップでまかなう場合、ボーナスを考慮しなければ毎月8万円以上の昇給が必要になります。

残業でまかなおうとすればかなりの残業時間ですよね。

これは副業をするにしたって一緒。

なので、まずは節約が一番効果的だったわけです。

ただし、ある程度昇給(昇格)するタイミングや昇給額がわかる会社もあると思います。

一度給与水準が上がってしまえばそのまま貯金額が増やせます。所得のベースアップが狙える場合は、生涯所得に差が出てくるので本業の成果にはこだわりましょう。

あと、TOEICのスコアは昇格や就職(転職)の条件になっていたり、倹約生活を楽しむ中で着実にスキルアップを図っていくことが大事です。

しかし、まったく昇給する見込みがないという場合は副業や転職を考えます。

副業や転職で年間100万円というのは目標設定としては妥当な範囲ではないでしょうか。

投資で不労所得を得る

年間100万円の配当を得ようとすると、利回りが3%だったとすると3,300万円ほどの金融資産が必要となります。

しかし、一度そこまで資産を増やせたのならば、お金に働いてもらうことで年間100万円のお金を貯めることができます。(【資産3000万円達成まで】1000万円貯めてやったこと と 見える世界

ただ、これはお金を貯める(資産形成)の次のステップ、資産運用にあたります。

資産運用は元本割れのリスクを伴うものであり、資産が少ないうちは小額の積み立てに留めておき、ある程度の種銭と安定した収入がある状況になってから考えても遅くはありません。

スポンサーリンク

まとめ

今回は年間100万円貯める方法について紹介しました。

ポイントは頑張らないことです。

継続さえできれば1000万円などの大きな資産を築いていけるものです。