【ウクレレの弦交換】はじめてでも簡単にできる5つの手順!

【ウクレレの弦交換】はじめてでも簡単にできる5つの手順!MUSIC
MUSIC

『弦交換』はウクレレ初心者の方にとって「いつ、どうやってやるものなの??」と少し不安を感じるものではないでしょうか?

弦の交換に限らず、楽器のメンテナンスは楽器屋さんに頼めばやってくれるものですが、ちょっと面倒だしお金もかかります。

弦の張り替えを費用にすると数百円程度。でも、ウクレレの弦交換は『初めてでも簡単に』できちゃいます!

実際のところ、ピアノのようにプロに調律してもらう精密な楽器とは違いウクレレは自分で弦を張り替えてチューニングするのが基本です。

そこで今回は『ウクレレの弦の交換方法』について解説したいと思いますので参考にしてみてください♬

スポンサーリンク

ウクレレの弦交換のやり方は簡単!手順は5つです。

それでは弦の交換の仕方について解説していきます。

まず、ウクレレの弦を交換する手順は以下の5つです。

ウクレレの弦を交換する5つの手順!
  1. 弦交換に必要な準備:新しい弦を用意しよう!
  2. 弦の取り外しと掃除:弦を取り外すときにやっておくこと!
  3. 新しい弦をセット:弦の玉止め(玉結び)のつくり方と順番!
  4. 弦をペグに巻きつける:巻きつける向きは下方向・内回転に!
  5. 弦のチューニング:安定するコツはテンション!

この手順の通りに弦交換すれば、はじめてでも簡単に10分程度で弦交換できると思います。

ただ、コツというかポイントを押さえておくと新しい弦のチューニングの安定性につながります。

特に、4、5番の『弦をペグに巻きつける』『チューニング』のところは何度も交換していくことで上達していくところかと思いますので、気軽に何度もトライしてみるのがよいと思います。

今回は、僕が初めて買ったウクレレでもあるおすすめのFamous(フェイマス)のFS-5を使って解説します。

ブリッジへの弦の固定方法やペグのタイプが違っている場合があるかと思いますが要領は同じです。

参考記事>>>【フェイマス FS-5のレビュー!】定番の理由は「抜群の安心感!」

ストレートタイプのペグ
ペグはストレートタイプ
弦をブリッジの溝に引っ掛けるタイプ
ブリッジの溝に引っ掛けるタイプ

❶ 弦交換に必要な準備:新しい弦を用意しよう!

ウクレレの弦
ウクレレの弦

弦を交換するタイミングや頻度

『そもそも弦を交換するタイミングはいつなのか?』また『どれくらいの頻度で弦を張り替えていく必要があるのか?』というところが疑問かと思います。

ウクレレの弦はそれほどすぐに劣化するものでもないので、目安としては3ヶ月から半年くらい経ったら交換しておくと考えておけば良いと思います。ですが、ぶっちゃけ張り替えなかったとしても大丈夫です。

詳しくは【ウクレレの弦を張り替えるタイミングは3つ】弦交換の頻度と目安とは?という記事で解説していますが、定期的な交換以外にも弦を張り替えるタイミングはあります。新しい弦はストックしておくと良いでしょう。

弦交換に必要なもの

ウクレレの弦を交換する前に、あらかじめ必要な道具を準備しておきます。

  • 新しいウクレレの弦
  • ニッパーやハサミ

新品の弦は当然として、弦を切るためにニッパーかハサミも要ります。

また、ウクレレの弦は楽器屋さんやamazonなどネット上でもたくさん種類がありますが、基本的に上の写真のように4本分の弦がパッケージになって売られています。

1本ずつ小分けになっているものもあれば写真のように4本分まとめられているものもあります。

弦交換の準備のポイント

それぞれの弦が何弦用なのか示されているはずなので確認しておきます。どの弦が1〜4弦なのかわからなくならないように注意しましょう。

弦の種類や太さ(ゲージ)の選び方

基本的にはソプラノウクレレであれば『ソプラノ用のナイロン弦』を選んでおけば、ウクレレにあった太さの弦を用意できるはずです。

ウクレレの弦は材質や色、メーカーなどによって『弾き心地』や『音色』、『見た目』なんかも変わってきます。この記事で弦交換のやり方がわかったら、ぜひいろんな弦を試してみてください!

そもそも、『今回張り替える新しい弦は何を買えばよいか迷っている!』という方も【ウクレレの弦の種類と選び方】初心者におすすめの弦の紹介!の記事を参考にしていただければと思います。

❷ 弦の取り外しと掃除:弦を取り外すときにやっておくこと!

ウクレレに張ってある古い弦を取り外すのですが、慣れないうちは弦を巻きつける方向とかわからなくなってしまうので、一本ずつ外しては交換するというのが良いと思います。

弦の外し方

張ってある古い弦を取り外すためにペグを回して弦を緩めていきます。ダルダルになるまで緩めれば、あとは手でペグに巻きついている弦を外してしまいましょう。

ペグから弦が外れれば、今度はブリッジにひっかけてあるもう片側も弦の端も外れるようになっているはず。

これでウクレレ本体から弦を完全に取り外した状態になります。

ウクレレの弦を外すときのポイント

指板上に弦が無くなっているこのタイミングで指板をきれいに掃除しておきます。

また、High-GとLow-Gのセッティングを変更する場合は、外した弦は保管しておきましょう。

High-G?Low-G?って何??という方は【ウクレレのハイGとローGとは?】初心者にはどっちがおすすめ?という記事が参考になると思います。

❸ 新しい弦をセット:弦の玉止め(玉結び)のつくり方と順番!

取り外した弦を見てもわかるように、弦をブリッジに引っ掛けるために、結び目(玉止め)をつくる必要があります。

玉止め(玉結び)の作り方とセットの方法

新しい弦は結び目がついていない状態ですので、下の写真のように8の字にして結び目を作ります。

結び目から伸びた余分な弦はをカットして、ブリッジの穴に通して引っかけてセット完了です。

弦の玉結びの方法
8の字に結びます
弦の玉結び
余分な部分はカットしましょう

弦の順番と数え方

弦の順番と呼び名は下の写真の右から1弦、2弦、3弦、4弦と数えていきます。

取り付ける順番は特にありませんが、新しい4本の弦が1から4のどの弦なのかわからなくならないように確認しておきましょう。

ウクレレの弦の順番と数え方
ウクレレの弦の順番と数え方

弦のパッケージや直接弦についているタグには必ず「1」から「4」のどれかの数字が記載されているのでそこで見分けることができます。

❹ 弦をペグに巻きつける:巻きつける向きは下方向・内回転に!

今度はペグに新しい弦を巻きつけていきます。

それぞれの弦を巻きつける方向

まず、ペグの穴に弦を通したらペグの下側(ヘッドに向かう方)へと巻いていきます(下の写真左を参考にしてください)。3周以上は巻きつけるように、最初は少しゆとりを持った状態で巻きつけていきましょう。

弦を巻きつける回転方向は1弦と2弦は時計回り、3弦と4弦は反時計回りとなっているので注意してください。文字だとわかりにくいので右下の写真を参考にしてもらえればと思いますが、どれも『内向き』になると覚えるとわかりやすいです。

弦を巻きつける方向
ヘッドに向かって下側に巻きつけます
弦を巻きつける向き
1弦と2弦は時計回り、3弦と4弦は反時計回りに巻いていきます

弦の巻きつけ方とコツ!

ペグから手を離しても弦がほどけない程度に巻きつけたら、下の写真のように弦を少し引っ張ることでテンションをかけながらペグを巻いていきます。

ウクレレの弦はテンションをかけながら巻いていくのがコツ
弦にテンションをかけながら巻いていくのがコツ

うまく弦を巻けたかどうかは、この『テンションをかけながら』できたかどうかが重要になってきます。

テンションがかかっていないまま巻きつけてしまうと、いざチューニングするときペグを巻いても巻いても弦が緩んでしまいます。

これではいつまでたっても音が合わないですし、その後のチューニングの安定性にも影響します。

❺ 弦のチューニング:安定するコツはテンション!

弦交換の後のウクレレチューニングは、普段のチューニングとやり方は同じです。

チューニングの方法

チューナーを使ってそれぞれの弦が下記の音になるように音程をあわせます。

  • 1弦:ラ(A)
  • 2弦:ミ(E)
  • 3弦:ド(C)
  • 4弦:ソ(G)
ウクレレの弦交換後のチューニングのポイント

張ったばかりの弦は伸びやすく、チューニングする度に音程が下がってしまいます。音が安定するまでの数日間は気長にチューニングを繰り返しましょう!

弦交換後のチューニングのポイント!

最初はすぐに音程が下がってくるので、『手順4.ペグに弦を巻きつける』のところで解説したように、弦のテンションをかけながらチューニングしても良いと思います。

また、チューニング方法や先ほどの弦の巻きつけ方のポイントについては、【ウクレレのチューニング!】やり方とコツを初心者の方向けに解説しますの記事で詳しく解説していますので参考にしてみてください。

参考記事>>>【ウクレレのチューニング!】やり方とコツを初心者の方向けに解説します

最後に余った部分はカットして弦交換は完了です!

余った弦はカットして弦交換完了
余った弦はカットして弦交換完了!

今回僕はクリアなナイロン弦からブラックナイロンの弦に変えてみました。【ウクレレの弦の種類と選び方】初心者の方におすすめの弦の紹介!

まとめ

今回はウクレレの『弦の交換方法』を下記の5つの手順で解説しました。

ウクレレの弦を交換する5つの手順!
  1. 弦交換に必要な準備:新しい弦を用意しよう!
  2. 弦の取り外しと掃除:弦を取り外すときにやっておくこと!
  3. 新しい弦をセット:弦の玉止め(玉結び)のつくり方と順番!
  4. 弦をペグに巻きつける:巻きつける向きは下方向・内回転に!
  5. 弦のチューニング:安定するコツはテンション!

弦の張り方は実際に一度やってしまえば『なんだ、こんなもんか』というくらい簡単です。

弦の種類については、好みの部分が多分にありますので是非気軽に試してみてはいかがでしょうか?