【ウクレレの弦の種類と選び方】初心者の方におすすめの弦の紹介!

【ウクレレのコード】まずはC、Am、F、G7の4つだけ覚えよう!MUSIC
MUSIC

ウクレレの弦は種類も様々ですが、『音色』や『弾き心地』、『見た目』も大きく変わってくるので自分にあった弦を選びたいものです。

でも『ウクレレの弦はどんな種類があって何を選べば良いかわからない!』という方も多いと思います。

そこで、この記事では『弦の選び方のポイントと初心者におすすめの弦』を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ウクレレの弦の種類と選び方のポイント

【ウクレレの弦交換】はじめてでも簡単!弦の張り替え方と手順の記事では、弦を交換するには予め新品の弦を購入しておく必要があるとお伝えしましたが、ウクレレの弦はこれはまた種類が多いので迷いどころですよね。

ですが、メーカや材質、色の違いは好みの要素が大きいので、こだわりがなければ当面は定番のものを買っておけば問題ないと思います。

一番重要なポイントは、自分のウクレレの『セッティング』に合ったものを選ぶことです。

間違った弦を買ってしまうと、ウクレレに取り付けられなかったり音程が合わなかったりしてしまいますので注意が必要です。

セッティングで一番間違えてはいけないのは、弾きたい曲のアレンジが『High-G(ハイG)』なのか『Low-G(ローG)』なのかという違いです。

High-G(ハイG)?Low-G(ローG)?てなに??という方は、【ウクレレ初心者】Low-G(ローG)とHigh-G(ハイG)の違いとおすすめのセッティングという記事を参考にしてみてくださいね。

ウクレレの弦の種類①:弦の材質の違い

ウクレレの弦は大きく3種類あります。

主なウクレレの弦の材質
  • ナイロン弦
  • フロロカーボン弦
  • ナイルガット弦

各種メーカや材質によって音色や弾き心地が変わるところではあります。

ナイロン弦の特徴

ナイロン弦は一番オーソドックスなの材質です。初心者の方はナイロン弦を選んでおけば間違いないはずです。

特徴としては、伸びがある材質なので柔らかく押さえやすい点です。音も素直で柔らかめの音です。

フロロカーボン弦の特徴

ナイロンもフロロカーボンも釣り糸で使われていたりするのですが、ナイロンに対してフロロカーボンは伸びが少なく強い素材として使われます。

ウクレレの弦で使用した場合も、ナイロン弦と比べて硬めで伸びが少ないのが特徴です。

また、弦が硬めで強いので細めのゲージになり、音はつややかな高音を出やすくなります。

ナイルガット弦の特徴

ナイルガット弦はガット弦に近い音が出るように人工的に作られた弦です。

ガット弦は羊など動物の腸から作られた弦のことで、クラシックギターの弦として使われていましたが、強度や音の品質を保つのが難しいため今は人口のナイルガット弦が用いられるようになりました。

ウクレレの弦の種類②:弦の太さ(ゲージ)の違い

ソプラノやテナーなどのウクレレのサイズによってだいたいの弦の太さが決まります。

ソプラノウクレレであれば、ソプラノ用と表記してある4本セットの弦を選びましょう。

また、もともとのセッティングはHigh-Gだと思いますので、High-G用の弦であることも確認しておく必要があります。

ソプラノHigh-G用の弦のセットであれば、おおよそのゲージはこんな数字になると思いますので参考にしてください。

  • 1st(1弦):.024
  • 2nd(2弦):.030
  • 3rd(3弦):.034
  • 4th(4弦):.028

新品の弦のパッケージやそれぞれの弦には下の写真のようにゲージが表記されていると思います。

ウクレレの弦のゲージ
ウクレレの弦のゲージ
スポンサーリンク

おすすめのウクレレの弦の紹介

ソプラノウクレレ用に私が使っていておすすめの弦を紹介します。

High-G用の弦①:Famous(フェイマス) ブラックナイロン弦 セット

ナイロン弦は、一番オーソドックスで素直な柔らかめのサウンドが特徴です。

あとは見た目です!黒いブラックタイプの弦になるとウクレレが引き締まってみえてカッコよくなりますよ。

こちらの動画はFamousのウクレレ(FS-5)を『ブラックナイロン弦』に張り替えたときに試奏したものです。

音は一切加工しておりませんので、音色や見た目の印象など参考になるのではないかと思います。

High-G用の弦②:Famous(フェイマス) マロン弦 セット

初心者の方で特にお子さんや女性の方に弾きやすい弦としておすすめは、Famous(フェイマス) のマロン弦セットです。この弦はFamousのウクレレに標準で張られている弦でもあります。

こちらの弦は少し細いためテンションはやや緩めになるのと、柔らか目のタッチになるというのがポイントです。

ブラックナイロン弦と比較すると少し硬い音になりますが、音色も歯切れが良くスッキリとした感じでおすすめです。

High-G用の弦③:FOEHN(フェーン)の UKS-100

FOEHN(フェーン)の UKS-100もソプラノ用のブラックナイロン弦です。

また、この弦は張りのあるパーカッシブな心地よいアタック感というのが売りということで私が気に入っているポイントでもあります。

価格がリーズナブルなので、私は子供用にはこちらを愛用させていただいていました;

Low-G用の弦:Famous(フェイマス)の Low-G単弦

こちらのFamousの弦は、ソプラノHigh-GセッティングのウクレレでLow-Gの曲を弾くための交換用の弦です。

ポイントは、

  • 4弦のみ単品で購入できる
  • 巻線で細い弦なので、ナットやブリッジを調整することなく張り替えできる

ことです。

私の場合、ブラックナイロンを張っているウクレレに1本だけ巻き弦となって色も音色も浮いてしまっていますが、私のようにそんな細かいことは気にしない!という方にはおすすめです。

スポンサーリンク

さいごに

今回はウクレレの弦について紹介しました。

まだまだたくさんの種類の弦がありますし、音色、弾き心地や見た目も変わってくるので、いろいろと試してみてはいかがでしょうか?

参考記事>>>【はじめてでも簡単!】ウクレレの弦交換のやり方と交換時期の目安とは?

参考記事>>>【入門用のウクレレ】フェイマスFS-5のレビュー!定番の理由は「抜群の安心感!」