【ウクレレのチューニング方法!】音がズレにくいやり方とコツ

【ウクレレのチューニング!】やり方とコツを初心者の方向けに解説しますMUSIC
MUSIC

ウクレレを手にしたらやらなくてはいけないのが『チューニング』です!

ウクレレはチューニングが狂いやすい楽器なので、演奏する前や演奏している合間にも何度もチューニングが必要になります。なるべく早く安定してできるようにポイントを押さえておくのが重要です。

りょー
りょー

覚えてしまえばだれでも簡単にできるようになりますよ。

はやくん<br>(小学生)
はやくん
(小学生)

よし、ボクもがんばってみようかな!

スポンサーリンク

ウクレレの『チューニング』とは?

『チューニング』とは、ウクレレに限らず楽器に関する基本的な作業で、日本語では調律(ちょうりつ)と言います。

調律(ちょうりつ)とは、楽器の音高を、演奏に先立って適切な状態に調整すること。

wikipediaより引用

チューニングはいつ必要?頻度は?

基本的に、ウクレレを演奏する前には必ずチューニングするものです。

というのも、ウクレレは『音がずれやすい楽器』だから

練習している合間にも音が変わってくることがありますので、演奏していて『音がずれてる?』と感じたらチューニングを確認するクセをつけましょう。

演奏していて音のずれを感じられるようになると良いですが、最初のうちは定期的にチューニングを確認するのが良いでしょう。

また、ウクレレの弦を交換した時もチューニングが必要になりますね。

参考記事>>>【はじめてでも簡単!】ウクレレの弦交換のやり方と交換時期の目安とは?

スポンサーリンク

ウクレレのチューニングの方法

それでは、ウクレレのチューニングのやり方を解説していきます。

チューニングで合わせる音と必要な道具

ウクレレのチューニングの音は1弦から順番に『G(ソ)』『C(ド)』『E(ミ)』『A(ラ)』となるように合わせます。

これらの音にそれぞれの弦をチューニングするためには、チューニング専用の道具が必要になります。

今回は、最も基本となる『チューナー』を使った方法を紹介します。

他にもチューニングをする方法はありますが、初心者の方には、簡単かつ正確にチューニングができるチューナーがオススメです。

参考としてチューナー以外の方法を紹介しますので、気になるか方はぜひググってみてください。

チューナー以外の機器を使ったチューニング方法
  • 音叉を使った方法
  • ピッチ・パイプを使った方法

『チューナー』を使ったチューニングの方法

チューナーを準備

まずはチューナーを用意しましょう。

ウクレレの入門セットなどにも付属されていますので、すでに持っているようでしたらそれで構いません。

これから購入する場合、色々なチューナーがあるものの機能や価格はそれほど変わりませんので定評がある定番のものを購入しておくことをおすすめします。

チューナーを選ぶポイント
  • 視認性(ある程度の画面の大きさと表示の見やすさ)
  • 価格(2,000円前後なら十分)
  • 品質(こわれにくいと定評のあるもの)

あまりにも安いものは故障のリスクが伴いますので避けておくのがベターです。

というのも、チューニングは演奏の中断が必要になり、集中力が切れたりストレスにもなるからです。なるべく気持ちよくウクレレを弾けるようにしておくのが上達のコツです。

チューニングができるアプリなんかもありますが、最近はウクレレのプロのアーティストの方も大抵クリップ式のチューナーをウクレレに取り付けて使っています。

クリップ式チューナであれば、ウクレレのヘッドに挟んで取り付けて、スイッチを入れるだけで準備完了です!

このクリップ式のチューナーを選んでおけば間違いないでしょう。

音の合わせ方

ウクレレのヘッドに付いている『ペグ』を回して弦の張り具合を変えることで音程を調整していきます。

この際、チューナーの画面を確認しながらペグを回し、合わせる音より少し低い音程になるまで弦を少し緩めてからチューニングを開始します。

チューニングは、弦を巻いて音程を上げながら合わせるのが鉄則です。

この理由は、弦を緩めると弦を巻き付けていた部分に若干たるみが発生するからです。そうなると、一度音程が合ったとしても、演奏しているうちに徐々に音が下がっていってしまうのです。

4弦をチューニングする場合を例に説明すると、チューナーが『G音』より少し下になっている状態から『G音』に合わせていきます。

もし、『G音』より高くなってしまったら、弦を緩めて低い音程からまたチューニングをやり直してください。

この作業をそれぞれの弦毎に繰り返せばチューニングは完了です!

スポンサーリンク

チューニングが合わない原因と音をズレにくくする対策

基本的なポイントは巻き上げながら合わせるということが基本的な対策できますが、それでもなんか音が下がってくる…という場合があると思います。

チューニングが合わない原因は2つ

ウクレレのチューニングはなぜずれるのか?を知っておくと、チューニングのやり方や音がずれにくくなるコツをつかみやすくなります。

ウクレレのチューニングがずれる原因は大きく下記の2つです。

ウクレレのチューニングが合わない原因
  1. ウクレレの弦を固定している部分(ヘッド側とブリッジ側)がゆるんでいる
  2. ウクレレの弦そのものが伸びてくる

2の『弦が伸びる』というのはウクレレの弦の特性なので仕方のないことです。特に新しい弦に交換したばかりの数日間は、弦が伸びきって馴染んでくるまではチューニングしてもすぐに音が下がっていくものです。

りょー
りょー

ふだんチューニングがズレやすいなぁと感じているかたは、特に1を確認してみましょう。

チューニングがずれにくくなるコツ①:ペグのねじのゆるみをなくす

ウクレレのペグのタイプがギアペグではなくストレートタイプのペグの場合は、ペグ自体がゆるんでいないかまずチェックします。

もしゆるんでいるようなら、弦のテンションに負けない程度にドライバーで締め直せば良いだけです。

参考記事>>>【はじめてのウクレレの選び方】ペグはソプラノウクレレならストレートタイプがおすすめ

チューニングがずれにくくなるコツ②:弦をブリッジにしっかり固定する

弦の片側はブリッジの溝に引っ掛けて固定されていますが、この引っ掛かかりが甘いとテンションをかけたときにゆるんできます。

玉止めはしっかり結び、ブリッジの溝にしっかり食い込ませるようにセットしましょう。

チューニングがずれにくくなるコツ③:テンションをかけながら弦を巻く

ペグポストに対して弦の巻きつけが甘いと、ペグを巻いて弦にテンションをかけてもゆるんできてしまいます。

ペグポストには3回以上は弦を巻きつけておきます。また、巻きつけてある弦同士は隙間がないようにきれいに巻いていきましょう。

下の写真のように弦が緩んでいる状態から、片方の手で弦を引っ張り上げてテンションをかけながら巻いていくのがコツです。

ウクレレの弦はテンションをかけながら巻くのがポイント
テンションをかけながら弦を巻くのがポイント

参考記事>>>【ウクレレの弦交換】はじめてでも簡単!弦交換のやり方とコツ

スポンサーリンク

まとめ

今回はウクレレの弦のチューニング方法について、チューナーを使った方法を解説しました。

また、チューニングがずれにくくなるように気をつけるポイントとチューニングのコツを紹介しました。

それでは、楽しいウクレレライフを!

タイトルとURLをコピーしました