【シンプルライフの掃除機】スティッククリーナー VS ロボット掃除機 選ぶならどっち?

【シンプルライフの掃除機】スティッククリーナー VS ロボット掃除機 選ぶならどっち?HOUSE
HOUSE

家事のストレスをなくし毎日快適な生活を送るにはライフスタイルにあった『家電』を選ぶことが大切ですよね。

家電の中でもバリエーションが多いのは掃除機。コードレスのスティックタイプやロボット掃除機、 キャニスターなど形状や吸引方式の特徴もさまざまで、どれを選ぶかで家事の負担具合が大きく変わってくると思います。

特にシンプルライフを目指す家庭にとっては『スティックタイプ』か『ロボット掃除機』のどちらにするか?というのがポイントになるのではないでしょうか?

そこで、両者のメリット・デメリットとともにどんなライフスタイルにあうかを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

シンプルライフに最適な掃除機とは?

我が家では『キャニスタータイプ』から『ロボット掃除機』を経て、今は『スティックタイプ』のみを使っています。

当時キャニスタータイプを使っていたときは、取り回しする際は本体が重いしじゃまだし、部屋を移動してはコンセントの差し替えをしたりと、結構手間がかかっていたように思います。

また、ホースやヘッド、モータの故障などで修理や買い替えなどもあって、掃除機は我が家の家電の中でも買い替えのサイクルが早く割と出費がかかっていた方でした。

あと床において保管するのでどうしてもスペースをとってしまうのも気になるところでしたね。

これらの経験から掃除機を選ぶポイントは以下の3点だと実感しています。

  1. 家事の負担を減らすことができる
  2. 買い替えサイクルも含めて経済的
  3. じゃまにならない

スティック掃除機

スティック掃除機

現在我が家が使っているのはスティックタイプです。最近の流行りでもありますが、今のライフスタイルにはベスト!と思えるポイントがあります。

スティックタイプのメリット・デメリット

スティッククリーナの一番のメリットは『コンパクトさ』です。軽いので使っていて楽ですし、保管にも場所をとりません。

機能やデザインもシンプルなタイプを選べばメンテナンスも楽で掃除機を使う負担が圧倒的に減ります。『毎日使っていても全く苦じゃない』とほんとに思っています!

一方のデメリットは、バッテリーの持ちや吸引力、ゴミの収容量などが”ある程度”になってしまうこと。

ひろーいお部屋全面を掃除しようとするとバッテリーが持たないかもしれませんし、『掃除機が吸い取ったゴミの掃除』の頻度が多くなるかもしれません。

あと、『自動』では無いので結局自分で掃除しなければならないという点でしょうか。

スティックタイプが合うライフスタイル

それではどんな家庭でスティックタイプの掃除機があうかと言えば、スティックタイプ1本で十分というくらい部屋も生活自体もシンプルな家庭に超絶おすすめです!

ソファやテーブル、ベッドや机など家具がたくさんあると、やっぱり体の負担は増えていきますし、畳や絨毯があると吸引力も必要になってきます。

我が家は絨毯も畳もなく一面フローリンングのみ。家具も多くありません。また、衣類は外で来ていたまま部屋で過ごすことはないですし、洗濯物も部屋干しスタイルなのでほこりがあまり溜まらないです。

参考記事>>>【シンプルライフの帰宅後ルーティン】真っ先にやっておくと良いこと

ここまでくると、ロボットに掃除してもらうための設定作業や置き場所、お金よりも、とにかく手軽に使えるスティッククリーナーが一番!という結果に至りました。

スティックタイプでおすすめの掃除機

我が家で使っていておすすめなのはアイリスオーヤマのスティッククリーナーです。

【ミニマリストのおすすめ家電】スティッククリーナー 『IC-SLDC8』のレビュー!という記事でレビューしているので参考にしてみてください。紙パック式だと『掃除機が吸い取ったゴミの掃除』も簡単ですし、頻度も月1回あるかなという程度です。

掃除機単体として1万円を切るくらいとても安価なので、今後壊れたりバッテリーの持ちが悪くなって買い換えることはあると思いますが、その時点でまた新しい機種に乗り換えていったとしても十分経済的です。

参考記事>>>【ミニマリストのおすすめ家電】スティッククリーナー 『IC-SLDC8』のレビュー!

スポンサーリンク

ロボット掃除機

ロボット掃除機

次に紹介するのはロボット掃除機。

テクノロジーの結集で日々進化していますし、基本的にはロボット掃除機を選ぶ方が間違い無いです。

先ほどのスティッククリーナと比較していくと特徴がわかりやすいと思います。

ロボット掃除機のメリット・デメリット

ロボット掃除機のメリットは、当たり前ですが『自分は何もしなくても良い!』ということですよね。

スティックタイプは結局自分で掃除しなければいけない、と書きましたが、ロボット掃除機は正にこの掃除自体をやってくれるというのが最大のメリットです。

また、カメラやスマホとの連携やAIによる最適化など、ゴミを吸い取るという機能以外の『付加価値』もついてきます。

デメリットといえば、ロボットがちゃんと掃除できるように部屋を整えてあげる必要があったり、機能を充実させようとすると高価になってくるというところです。

あと、ロボット掃除機は細かい隅の部分など掃除しきれない部分は残りますので、床掃除がゼロになるわけではないということは考慮しておく必要があります。

しかし、これも一度環境が整えば、バッテリの自動充電もしてくれますし、スケジュール通りに定期的に掃除をしてくれます。

音声操作や外出中ならスマホで操作することができたり、時間をお金で買うと考えればロボット掃除機の導入はかなりなにより効果的です!

ロボットタイプが合うライフスタイル

共働きの家庭だったり家を空けることがある家庭は特に重宝すると思います。なぜなら留守中に掃除が住んでしまうからです。また部屋でペットを飼っている家庭の場合もペットの抜け毛をいちいち気にする必要がなくなるのでストレスがなくなるのでおすすめ。

ロボットタイプでおすすめの掃除機(iRobotのルンバ/ブラーバ)

数千円とかあまり安価なものだと障害物に当たると方向転換するようになっていて清掃ルートも認識せずに床面をただランダムにバッテリーが切れるまで走り続けて自動では止まらないものがあります。

やはりおすすめはiRobotのルンバ。iRobot社はロボット掃除機の北米市場の9割、国内市場は約60%を占めていて技術やノウハウの蓄積が圧倒的です。

AIを搭載していて、どこにゴミが多いかとか、部屋の間取りを考慮して掃除してくれます。上位機種のi7シリーズになれば絨毯やカーペットに乗ると吸引力が最大で10倍まで引き上げることができ、毛足の長い繊維に入り込んだ髪の毛も綺麗に吸引してくれます。

床拭きをしてくれるロボット掃除機でBraava(ブラーバ)というのもあります。『掃除機はロボットにまかせず自分でやる』という家庭でも床拭きをロボットにやってもらうというのはおすすめです。

さいごに

今回は『スティック掃除機』と『ロボット掃除機』のメリット・デメリットを紹介しました。

どちらを選ぶかで掃除のスタイルも大きく変わると思いますので、これからのライフスタイルを考えて見直してみるのはいかがでしょうか。