【ミニマリストの食器】選ぶポイントと揃え方とは?人気の定番ブランド3選

ミニマリストの食器MEAL
MEAL

みなさんは普段、おうちでどんな食器を使っていますか?

我が家は、少し贅沢ですが洋食器のRichard Ginori(リチャード・ジノリ)やWEDGWOOD(ウェッジウッド)、Royal Copenhagen(ロイヤルコペンハーゲン)なんかをメインに使っています。

これまでに【お金の節約】食費は抑え、食材にこだわるシンプルな食生活のすすめ【無添加でも節約】シンプルな食材に合わせるおすすめの調味料10選とシンプルな食事スタイルについて紹介してきましたが、『お気に入りの食器でいただく』というのが毎日の食事を一層上質なものにしてくれる秘訣です

そこで今回は、ミニマリスト・シンプリストの我が家の食器事情やおすすめの食器について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1.ミニマリストに最適な食器の条件は3つ!

ファッションやインテリア家具、家電などなんであれ、ミニマリスト・シンプリストが求める条件というのが3つあると考えています。

  1. 使っていて心地が良い
  2. シンプルで機能的な洗練されたデザイン
  3. 日常的にいつも使う

これは食器についても同じです。

ミニマリスト志向ではない方でもきっと参考になると思いますので簡単に紹介します。

1−1.使っていて心地が良い食器

食事は豊かなライフスタイルに欠かせない要素です。そんな毎日の食事をより一層充実したものアレンジできるのが食器です。

お気に入りの食器で食べる朝食、ティータイム、ディナー、毎日の食事が特別なものになります。

1−2.シンプルで機能的な洗練されたデザインの食器

シンプルでオーソドックスなものは飽きが来なくて他のものとも調和しやすいです。

我が家はエレガントなタイプが好みですので洋食器を使っていますが、和食器でも手作りの食器でも良いと思います。

また、洗練されたものは機能美というものが生まれます。

盛り付けしたときの見た目だけではなく、調理や片付けといった家事も含めてライフスタイルと調和してきます

1−3.日常的にいつも使う食器

唐突ですが「来客用の食器」というマナー?考え方?がありますよね。

私の実家にもあったのですが、めったに使われることもなくずっと飾ってあるだけ。。食器も収納スペースもなんだかもったいないなと感じていました。

来客の方へのおもてなしの心遣いや礼儀でもありますが、お気に入りの上質な食器を使わずに保管しておく、という発想は今どき変えてしまって問題ないものかと思います。(来客の方に「この食器は来客用です」なんていちいち説明する必要もありませんよね?)

むしろ「自分たちが一番気に入っていてふだん使っている食器を使ってもらう」という考え方の方が自然ではないでしょうか?(勿論、傷や汚れが無いことが前提ですが)

特別なときだけにとっておくのではなくて、日々を特別なものとして過ごす。

そうすれば毎日の生活は充実するし、ライフスタイルは日々洗練されてきます。

2.食器を選ぶポイントと揃え方のコツ

それではどんな食器をどのように揃えていくのか?という方法について紹介します。

2−1.食器は厳選した上質なものを選ぶ

無印良品とかニトリ、イケアとかコスパの良い商品はたくさんありますが、食器はせっかくなら上質なものにこだわるのがおすすめです。

というのは、食器は日用品などの消耗品ではないので、ランニングコストがかかりませんし、食器の数を厳選することでトータル費用は抑えられます。

また高価なものであれば良いということではありませんが、格式のある食器であれば、値下がりせずリセールも効きます。

2−2.盛り付けを工夫してワンプレート料理をメインにする

よくレストランのメニューにあるような大皿のワンプレート料理を中心にしましょう。

そうすれば取揃える食器の数はグッと減ります。またミニサイズのマグカップを小鉢の代わりにしたり、共用するというのもおすすめです。

ワンプレートに使うお皿は、大皿タイプがおすすめですが、食洗機に入るサイズに抑えるのがポイントです。マンションの備え付けタイプの食洗機なら直径24cm以内とかが目安になるかと思います。

2−3.収納の仕方も考える

調理器具のスタッキングと同様に、食器も必要分を一式スタッキングして収納するようにすると省スペース化できますし、片付けも楽です。ぴったりと収納できると気持ちイイですね。

2−4.不要な食器は断捨離する

それでは、今まで持っていた食器たちはどうすれば良いのかというと、

全て断捨離しましょう!

勿体無い気がしますが、ミニマリスト的な思考では、使わない(使う頻度が少ない)食器を保管していることの方が勿体無い、というものです。

省スペース化やリサイクルにより、お金・時間・労力などのコスト削減になりますし、不要な食器をなくすのは地震対策にもなります。

3.我が家の食器紹介とおすすめの定番洋食器3選

3−1.おすすめの洋食器①:Richard Ginori(リチャード・ジノリ) ベッキオ・ホワイト

我が家でメインで使っていておすすめなのは、Richard Ginori(リチャード・ジノリ)のベッキオ・ホワイトです。

Richard Ginori(リチャード・ジノリ)はイタリアの総合陶磁器メーカーで、ジノリを代表し、世界中の人々に支持され続けているのが「ベッキオホワイト」です。

ベッキオはイタリア語で古いという意味である通り、ジノリの最古の作品でバロック様式による、格調高いレリーフが特徴です。

我が家ではワンプレート用のお皿から茶碗、小鉢など個人ごと一式をベッキオホワイトで揃えています。

3−2.おすすめの洋食器②:WEDGWOOD(ウェッジウッド) ワイルドストロベリー

WEDGWOOD(ウェッジウッド)は英国王室御用達ブランドです。

ウェッジウッドといえば、ワイルドストロベリーというこちらの絵柄ですね。

ベッキオホワイトだけだと真っ白なので、ティーカップなんかに使用してます。

3−3.おすすめの洋食器③:Royal Copenhagen(ロイヤルコペンハーゲン) ブルー・フルーテッド

Royal Copenhagen(ロイヤルコペンハーゲン)はデンマークの陶磁器メーカーです。

ロイヤルコペンハーゲンの定番は『ブルー・フルーテッド』です。

作りおきした料理を盛り付けておいたり、個人用ではない大皿として使用しています。

4.さいごに

いかがでしたでしょうか。

今回はミニマリスト・シンプリストの我が家の食器事情について紹介しました。

【お金の節約】食費は抑え、食材にこだわるシンプルな食生活のすすめ

【無添加でも節約】シンプルな食材に合わせるおすすめの調味料10選

タイトルとURLをコピーしました