【シンプルライフのマンション生活】5年住んで感じた3つのメリット

【シンプルライフのマンション生活】5年住んで感じた3つのメリットHOUSE
HOUSE

家庭を持つと、いよいよ生活の拠点としてマイホームを構えることが目標となってきますよね。

マイホーム購入は、人生最大の買い物なんて言われますが、高額で後戻りできないからこそ妥協できずに身の丈以上の物件を選んでしまいがち。

でも、マイホームを所有することはゴールではありません

マイホーム購入から5年経った我が家はとして、マイホームとは『自分と家族の生活をより豊かに発展させていく為のライフスタイルのベース』だと実感しています。

というのは、資産を築いていく為の「お金」や、生活にかかる「労力」、「時間」というのは、住居の違いによって圧倒的な差が出るからです。

要はここからがスタート。

そこで今回は、「お金」「労力」「時間」というコストを自分や家族に充てる、そんなシンプルライフを目指す上で重要な『住居』について紹介します。

我が家がマンションに5年住んで感じたメリットは以下の3点。

  • リセールバリュー(資産価値)の大切さ
  • エネルギー効率の高さによって得られる快適性
  • 共益費でまかなえる時間の多さ

これから、どんな住居に住もうかというご家庭にとって一事例として参考になればと思います。

こんなあなたにおすすめの記事です
  • マイホーム購入を検討している
  • マンション購入後の生活を知りたい
  • シンプルライフを目指している
スポンサーリンク

シンプルライフにマンションを選んだ理由

我が家は5年前に地方の駅前一等地のマンションを購入しています。

SUMOによるマンションVS一戸建て 選んだ理由ランキングという記事でも、マンションと戸建てでは一長一短。どちらを選ぶかは各家庭のケースによると思います。

我が家の場合は【一戸建て vs マンション vs 賃貸】実際に住んでわかったことという記事の通り、一通り住み比べた上で、分譲マンションを購入したという次第です。

ポイントは

  1. 立地
  2. 物件価格
  3. 設備・仕様

でした。

現在はマンションを購入して5年が経過しており、住んでみて改めて実感したメリットを紹介します。

マンションに5年住んで感じた3つのメリット

それでは具体的に「お金」「労力」「時間」の3つの観点でメリットを紹介します。

メリット1:支出を抑えられる

一番のメリットはお金です。

人生最大の買い物と言われる住宅費用こそ、支出を抑えることができれば、その分のコストは、その後の生活のために充てることができます。

これは先ほど紹介したSUMOの記事でも、マンションを選んだ理由に『物件価格』がランキングされている通りでしょう。

そして、ある程度の年数を住んでみて実感するのはリセールバリュー(資産価値)です。

これは購入価格と同じくらい、いやそれよりインパクトが大きいものかもしれません。

日本の不動産の資産価値

日本の不動産は買った時から値下がり続ける”負動産”なんて呼ばれたりします。

国土交通省の「中古住宅流通、リフォーム 市場の現状」に掲載されている価格査定の例です。

参考:中古住宅流通、リフォーム市場の現状

一般的に、戸建て住宅だと築5年で30%も下落し、築15年あたりまで築年数が1年増えるごとに約5%ずつ資産価値が下落していきます。

もちろんマンションも下落するので、賃貸が一番リスクが小さいといえます。

我が家のマンションの資産価値(リセールバリュー)

あくまで我が家のケースではありますが、地方ですが立地にはこだわって一等地の物件を購入したこともあり、5年経過した今でも購入時(3,400万円)からか価格は変化していません。

査定価格

日経新聞の記事によると住宅ローンの完済年齢の平均が73歳になっていますが、いつなんどき売却せざるを得ない状況に陥るかわからない時代です。

我が家の場合は

  • 売却すればローンを完済した上にキャッシュが手元に残る
  • 毎月ローンを支払うほど、売却した時に手元に残るキャッシュは増える

という状態。

これならコスパも良く、賃貸のようにリスクを抑えることもできます。

今この瞬間この家を売れば負債を抱えずある程度のキャッシュを受け取れるというのは心理的負担もかなり小さくなります。

メリット2:日々の労力を省ける

マンションの良い立地や充実した設備から日々の労力を省くことができる。これもいうまでも無いことかもしれません。

特に生活していて感じることは、マンションの機密性の高さによるエネルギー効率の違いです。

マンションは冬暖かくて夏涼しい

マンションは『冬暖かくて夏涼しい』です。

これは、同じ地域の住戸に住み比べた経験が無いとなかなか実感できないことかもしれません。

戸建てなら石油ストーブを使うか、古い賃貸物件ではこたつやヒーターなどを活用していましたが、今はエアコンだけで十分。

そうなると、部屋着も寝具も敷物類なんかも全部刷新され、家で過ごす日々のストレスが一気に解消されます。

メリット3:時間が生まれる

手間を省けるということは、時間を生むという効果もあります。

結局はこの時間が一番大事です。

家を購入するときにお金がどれくらいかかるか?は予め試算することはできますが、日々の生活にどれだけ時間がかかるかを試算することは難しいですよね。

駅近でセキュリティ面も安心なので子供や家族の送り迎えも簡単。ゴミ出しや周辺の掃除や設備のメンテナンスなどは共益費でまかなえます。

全部自分で対応しようとするとかなりの労力だと思いますし、実質週に数時間は浮いていると思います。

こういった労力や時間にお金を払っていると考えると、共益費はまぁ妥当(むしろ安い?)とも思っています。

まとめ

今回はマンション暮らしをしてみて感じるメリットを3つ紹介しました。

  • リセールバリュー(資産価値)の大切さ
  • エネルギー効率の高さによる快適性
  • 共益費でまかなえる時間

購入する時点では考えていなかった恩恵があり、我が家としてはマンションを選択してよかったなと改めて実感しました。

もし、これからマイホームを購入しようと思っている方の参考になれば幸いです。