MENU

【スクラッチのはじめ方】親子で簡単にプログラミングを学ぶコツ!

【スクラッチのはじめ方】親子で簡単にプログラミングを学ぶコツ!

2020年度から小学校で必修化されるプログラミング教育。
プログラミングって???と不安になる親もいらっしゃる中、家庭でどう対応していけばよいのでしょうか?

私は、親子で一緒にはじめてみることが良いのではと考えており、おうちでできる 親子で始めるプログラミングという記事で『SCRATCH(スクラッチ)』を紹介しました。

SCRATCH(スクラッチ)は、子ども向けのプログラミング学習環境のことで、最近では、学校教育や民間のプログラミング教室でもよく使われているものです。

これから子供が学びはじめる今だからこそ、親としてもプログラミングをはじめてみる絶好のチャンスでもあると思います。

そこで今回は、SCRATCH(スクラッチ)のはじめ方と親子ではじめる際のちょっとしたコツを紹介したいと思います。

目次

SCRATCH(スクラッチ)の準備とはじめかた

まずは、SCRATCH(スクラッチ)がどんなものか触れてみましょう。

これから紹介する手順を追っていけば、まずはどんなものか体感できるのではないかと思います。

準備することは、パソコンから公式サイトにアクセスするだけ!

SCRATCH(スクラッチ)を利用するには、インターネットに繋がるパソコンがあれば十分です。
そして、下のリンク先にあるスクラッチの公式サイト(ホームページ)にアクセスしましょう。

https://scratch.mit.edu/

するとこのようなSCRATCH(スクラッチ)のトップページにたどり着くと思います。

SCRATCHトップ画面
SCRATCHの公式サイトトップ画面

「作る」ボタンでさっそくプログラミングを始められます!

SCRATCH(スクラッチ)は、インターネットブラウザ上で簡単にプログラミングをすることができ、つくったプログラムをその場で動かすこともできます。

公式サイトの上部にある「作る」や中央の「作ってみよう」ボタンを押せばさっそくプログラミングを始められます!

とりあえず触れてみるだけなら、個人情報やアカウントの登録などの必要もありませんので安心してください。

ですが、『そもそも一体何をすればいいの?』という状態だと思います。

そこで、簡単な手順を紹介します。

①まずは、チュートリアルを見て真似してみましょう

SCRATCH(スクラッチ)について事前に勉強しようと思えば、ネット上にいくらでも情報があります。

しかし、プログラミングを知らない子供が始められるようにつくられているのが「SCRATCH(スクラッチ)」なのです!

まずは、あれこれと知識をつけるよりも、実際に体感した方が手っ取り早いと言えます。

それでは、「作る」ボタンを押すとプログラムを作成するメイン画面に切り替わります。

その際、前面に「チュートリアル」の動画が一緒に現れます。

SCRATCHプログラミング画面イメージ
SCRATCHの作成画面イメージ

チュートリアルには、SCRATCH(スクラッチ)でできることやそのやり方がたくさん紹介されていますので、気になったものを色々見てみましょう。

チュートリアルはウィンドウを消してしまっても、メイン画面にリンクがあるのでいつでも見ることができます。

チュートリアルをご覧になればすぐに理解できると思いますが、SCRATCH(スクラッチ)では、
実行させたい命令(ブロック)を組み立てていくことでプログラムをつくります。

作ってみたいものがあれば一つ選んで、チュートリアルの動画と同じように操作してみましょう。

②完成したプログラムを動かしてみます!

チュートリアルを真似るだけで、実はもうあなたはプログラミングを始めています。そして、作ったプログラムは、緑色の旗のアイコンを押せば動きを確認することができます。

早速、つくったプログラムを動かしてみましょう。
(となりの赤色の丸いアイコンを押せば止まります)

どうでしょうか。簡単に動くプログラムができたのではないでしょうか?

③もう一度、子供を呼んで一緒にやってみましょう

おおまかな使い方がわかったら、お子さんに作ってみたいものを選んでもらって、一緒にやってみましょう。

パソコンの扱い方なんかも含め、親がリードしながら教えることができると思います。

無事に動かせるところまでたどり着けば、導入はおしまいです。
ここまで、ものの1、2時間あれば出来てしまうのではないかと思います。

簡単なSCRATCH(スクラッチ)のプログラムをつくってみましょう

チュートリアルを見ればプログラムを作れちゃいます!というのは確かなのですが、この記事を読んでいただいている段階ではまだ実際にチュートリアルを見られてはいないと思います。

そこで、とっても簡単なプログラミングの事例を紹介したいと思います。

SCRATCH(スクラッチ)の「作る」画面を5分ほどいじれば下の動画のようなゲーム”もどき”が作れます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる