MENU

【スクラッチ】ゲームに必要な3つのポイントと簡単な作り方とは?

【スクラッチ】ゲームに必要な3つのポイントと簡単な作り方とは?

前回、親子でプログラミングをするのにおすすめな『SCRATCH(スクラッチ)』を紹介しました。

あわせて読みたい
【スクラッチのはじめ方】親子で簡単にプログラミングを学ぶコツ! 2020年度から小学校で必修化されるプログラミング教育。プログラミングって???と不安になる親もいらっしゃる中、家庭でどう対応していけばよいのでしょうか? 私は、...

↑こちらのSCRATCHの紹介記事ではSCRATCH(スクラッチ)でゲームを作ってみることをおすすめしています。

そこで今回は、SCRATCH(スクラッチ)でゲームをつくるときのポイントを3つ紹介したいと思います。

はじめての小学生の子にはちょっと難しいかもしれませんが、ココさえおさえておけばプログラミングの可能性が格段に広がると思いますよ!

目次

1.SCRATCH(スクラッチ)でつくるゲーム

こちらは前回の記事で紹介したときの動画で、画面内を動き回る『黄色いボール』を下に落ちないように『緑色のバー』で跳ね返すというプログラムです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる