【父子キャンプがおすすめ】必要な準備と楽しみ方

OUTDOOR
OUTDOOR

アウトドア好きな方なら、暖かくなるとキャンプやバーベキューといったアウトドアを楽しみたくなりますよね。

ファミリーやソロでのキャンプが流行っていますが、
我が家では、
父親と子供だけとのキャンプ(父子キャンプ)を楽しんでいます!

もし、
旦那さんはアウトドア派だけど、奥さんとしては虫とかはちょっと苦手、、、
というご家庭でしたら、検討してみてもよいのではないでしょうか?

今回は、そんな父子キャンプのメリットや必要な準備などについて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

父子キャンプとは?

父子キャンプとは、文字通り、
『父親と子供だけで行うキャンプスタイル』のことです。

逆に、母親と子供だけの母子キャンプでもOKです。

どんな家族が適している?

冒頭でも記載していますが、
まず、夫婦間でアウトドア派とインドア派に分かれているご家庭です。
(我が家のケースです。)

また、夫婦ともにアウトドア好きだったけど、お子さんが出来てからはめっきり行かなくなってしまったというご家庭も多くいらっしゃるのではないかと思います。
そんなご家庭にもおすすめしたいスタイルです。

というのも、
ファミリー全員分のキャンプ道具を揃えるとなると全部の道具がファミリーサイズになり、出費は大きいし、とってもかさばりますよね。

夫婦二人なら気楽に出かけていたことが、家族総出でキャンプに行くとなると、準備や片付けが大変ですし、子供のことはいろいろ心配になるし、再開するきっかけがなくなってしまっているというこはないでしょうか?

一方で、子供がキャンプによって得る経験は学校や習い事などの日常生活では得難い貴重なものです。

これから、父子(母子)キャンプのメリットをそれぞれ紹介していきますので、
ぜひご家庭で検討してみてもらいたいと思います。

父子(母子)キャンプのメリット

我が家のケースでは、父親と一人息子(当時4歳)でキャンプに行ったのが初めて、以降、ずっとこの父子スタイルのキャンプを楽しんでいます。

そんな経験を踏まえ、メリット整理してみました。

父親(キャンプに連れて行く親)

一人で子供の面倒を見るということで責任もありますが、その分、自分のしたいことや得意なことを中心にプランを立てることができ、キャンプを楽しみながら親子で絆を深めることができます。

私の場合は、釣りやカヤックが趣味でもあるので、湖のあるキャンプ場で釣りを教えたり、一緒にカヤックに乗ったりという機会を作ることができました。

母親(家で待つ側の親)

子育てや家事をしていると、たまには一人でゆっくりしたいと思うときがあると思います。

週末に旦那さんが子供を連れて出かけてくれても、夕方には帰ってきて、夕飯の支度と片付け、そして次の日は、またいつもの忙しい日々。

旦那さんと子供の夕飯もお風呂も次の日の朝ごはんも全部外で済ませてくれたら、時間を気にせず、やり残していることをやったり、思う存分ゆっくりする機会になります。

子供

父親と2人でお外に遊びにいくことに慣れている子であっても、母親がいないキャンプ場のテントで夜を明かすとなると、普段感じることのない不安や好奇心といった刺激を得ることができます。

その結果、ある程度の意識づけは必要なものの、母親がいないキャンプ生活は、あらゆることが自分事と認識でき、自律した行動を育む機会になります。

父子キャンプの楽しみ方

いわゆるキャンプの楽しみそのものですが、
ここは父子キャンプを楽しむためのポイントに着目してみます。

食事

料理自体を楽しむというのもありますが、結構時間がかかるものなのです。
キャンプ場は日が沈むのも早いですし、なるべく簡単な料理にしておくのがベターです。

オススメはなんといっても、鉄板焼きのステーキですね。

切って焼くだけですので、手間も時間もかかりません。

道中のスーパーなどで子供と食べたい食材を選んで買い物をするのも楽しいですよ。

あと、キャンプといえばカレーですが、最近はレトルトでおいしいものがたくさんあります。

パスタソースも同様ですが、レトルトで済ますと割り切ってしまうと時間をグッと節約できます。

防災用のストックを流用すると準備もいりません。

【ミニマリスト・シンプリストの災害対策】アウトドア取り入れたライフスタイルづくり
世界規模の異常気象やウィルス感染リスクによって、日常生活が一変するといったことが誰にでも起こりうる時代になっています。 これから特に重要なのは、変化に柔軟に対応できるライフスタイルを築いておくことだと考えています。 そこで今回は、自然災害などを考慮したシンプルでスマートなライフスタイルづくりのコツを紹介したいと思います。

自然体験

自分たちで調理した料理を食べたり、テントで寝ること自体が非日常の体験なので、特別なことは不要です。

私は趣味が釣りやカヤックでしたので、自分の趣味を子供にも体験してもらうきっかけにもなりましたが、夜の星空観察やホタル観賞、ハイキングなど何かその地域ならではのものがあれば、チャレンジするのもよいと思います。

準備しておくこと

キャンプ道具

キャンプ道具は必要最低限揃えておきたいです。
もともと夫婦やソロ用で持っている方はファミリー用として買い直す必要はありません。

これからという方も少しずつ揃えていきましょう。

【ミニマリストの日用品】日常生活に便利なアウトドアグッズ20選!
年々アウトドアやキャンプの人気が高まっていますね。 やってみたい方も多いと思いますが、一からキャンプやバーベキューのアイテムを揃えようとすると、それなりの量の道具が必要になり、保管場所やお金がネックになることが多いと思います。 そこで今回は『日常生活にアウトドアグッズを取り入れていく』方法を紹介したいと思います。

子供用のトラブル対策

キャンプ場で何かあっても大丈夫なように、下記のようなトラブル用の対策は万全にしておかなくてはなりません。

  • 子供用の着替え
    濡れたり、冷え込んだりした時のために、1日分以上は余分に持っておきましょう。
  • 虫除け、虫刺され
    アブやブヨといったやっかいな虫に刺されないよう、なるべく肌は露出しないようにして、首や手足にはしっかりと虫除けを塗っておきます。
  • 水分補給
    遊ぶのに夢中でつい水分補給を怠りがちになります。
    熱中症にならないようこまめに水分補給できるよう、水筒やペットボトルは常備しましょう。
  • 衛生管理
    キャンプで衛生のことを気にしすぎると楽しめなくなってしまうこともあるのですが、普段以上に気にしておくべきことがあるのも確かです。
    ハンドソープ、アルコール除菌、タオル、トイレットペーパーなどは確実に持参しましょう。

こころがけておくこと、注意点

最後に、父子キャンプを楽しく有意義なものにしていくための注意点についてです。

アルコールはガマン

夜の星空の下、焚き火をしながらお酒を飲むのは、キャンプの醍醐味の一つですよね。
ただ、子供が寝静まったからといっても、父子キャンプではアルコールは控えましょう。

もし、急に子供の調子が悪くなった時、子供を病院につれていけるのは自分だけですから。

子供をパートナーのように接する

1人で面倒を見なければいけないですし、何かあってはとアレコレ注意してしまうかもしれませんが、ここは子供の自律心を育むチャンスでもあります。

守るべきことや注意すべきことは伝えつつも、『一緒にキャンプ生活を成し遂げるパートナー』のように接し、本人の言動を尊重してあげると、ちょっと得意げになって普段はしない自分の身の回りのことや手伝いを率先してくれたりします。

そして、お家に帰ったら小さなことでもエピソードとして家族で共有しましょう。
たった1日の体験ですが、一回り成長したように感じられると思います。

タイトルとURLをコピーしました