MENU

【ウクレレのコード】まずはC、Am、F、G7の4つだけ覚えよう!

【ウクレレのコード】まずはC、Am、F、G7の4つだけ覚えよう!

ウクレレやギターにはコードがたくさんあり、「どれくらい覚える必要があるの?」「こんなにたくさん覚えきれない!」という方も多いのではないかと思います。

今回は、ウクレレ初心者の方は、まず4つのコードだけ覚えれば大丈夫!ということを紹介したいと思います。

また、ギターやピアノでも同じことが言えますので、参考にしてみてください。

目次

1.ウクレレ初心者の方が覚えるコードは4つ

ウクレレやギターは同じ音でもポジションや押さえ方が違ったりするので、実際のコードフォームは何百と存在します。

ですが、特にポップソングなんかはコードの進行というものがある程度決まっていたりします。

代表的なコードフォームさえ覚えてしまえば、多くの曲はカバーできてしまうのです。

ほとんどのポップソングは4つのコード進行でできている!

そして、過去50年のポップソングの多くのコード進行は4つのコードでできているということがわかっています。

つまり、4つのコードフォームを覚えておけば、その4コードを並べ替えたりするだけいろんなポップソングが弾けるようになる!ということです。

2.初心者に必要なコードとその練習法は?

では、気になる4つのコードを紹介します。

コードの指の形をそれぞれくり返し練習して、なにも見なくてもすぐにそのフォームを押さえられるように練習してみましょう。

基本のコードは『C』、『Am』、『F』、『G7』の4つ!

ギター・ウクレレのコード表
4つのコードとフォーム

ウクレレの場合は、いずれも押さえるのが比較的やさしいものです。
(ギターの場合、Fコードが少し難しいかもしれません)

慣れてきたら、コードからコードへ(CからAm、AmからF、FからG7など)と移動する練習をしてみましょう。

4つのコードを移動させているだけでなんとなーく曲っぽい感じになるのがわかるのではないでしょうか?

練習する上で参考になるおすすめ動画

ここでちょっとネタバレですが、今回紹介している内容はTEDというプレゼンテーション動画で紹介されています。

いきなりなんの話し??と思う方もいるかもしれませんが、プレゼンのテーマは「どのように効率的に何か新しいことを習得するか?」ということで、プレゼンターのジョシュ・カウフマンさんがウクレレ初心者として4コードを20時間練習して演奏を披露するというものです。

ウクレレやギターに限らず、何かを習得する際のコツというか考え方としてもためになるのでぜひお時間あるかたは合わせて視聴してもらいたいです。

ちなみに、この動画で紹介されている4コードはG、Em、D、Cとなっていて、今回紹介しているものと少し違います。

これは曲のキーが異なるという理由なのですが、今回紹介した C、Am、F、G7 の方がより押さえやすくウクレレではメジャーになると思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる