【厳選】AirPodsの超絶効果的な使い方3選!(おうちで使う)

【厳選】AirPodsの超絶効果的な使い方3選!(おうちで使う)HOUSE
HOUSE

AppleのAirPodsが非常に便利で愛用しています。

少し前は、見た目が “うどんみたい” なんて言われていたものの、今ではすっかり見慣れて、スマートでファッショナブルなアイテムの一つですよね。

使い心地や操作性に不満もなく普通におすすめアイテムなのですが、個人的に重宝している使い方が3つあります。

  1. 英語のリスニング学習
  2. 大画面での映画鑑賞やゲーム
  3. 自宅でのリモートワーク

要するに、AirPodsを家の中で使っています。

実はこれ、AirPods(いわゆる、ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン)ならではの特徴を活かしたものになっています。

ということで今回は、家の中でのAirPodsの活用法を紹介したいと思います。(AirPodsに限らずワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンなら同じことができます。)

スポンサーリンク

AirPodsの特徴と使い方

AirPodsといえば、汗にも雨にも強い耐汗耐水性能があったり、もっぱら外出中に使うことを想定されています。

アップルの公式サイトにあるイメージビデオを確認してもらえればわかりますが、

『外出する直前にAirPodsを装着して出かける』

というのが、一般的な利用イメージであると思います。

もちろん、通勤中やランニングなど運動するときもAirPodsがあれば快適!なわけですが、家にいるときも活用することができれば、AirPodsのお値段以上のメリットを享受できるということです。(それなりの値段しますしね。)

で、家の中でAirPodsを効果的に使うには、しっかりとAirPodsの特徴を活かすことが必要です。

AirPodsの特徴

AirPodsはワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンというジャンルのアイテムであり、その名の通り大まかな機能は以下の通りです。

  • イヤホン
  • ワイヤレス機能
  • ノイズキャンセリング機能(ただし、AirPodsシリーズの場合は AirPods Proのみ)

家の中でもこれら3つの機能が活かせるシチュエーションがあり、そんな時は家の中でもAirPodsを使うメリットがあるということです。

アクティブノイズキャンセリング機能を選択肢に入れるなら、AirPods Proになります。

Apple以外のワイヤレスノイズキャンセリングイヤホンであれば、BOSEのQuietComfort Earbuds、SONYのWF-1000XM4あたりも人気です。

今回は、個人的に使用頻度が高く効果的だった使い方を3つ紹介します。

使い方①:英語のリスニング学習

一つ目のAirPods活用法は、英語学習のリスニングです。

英語学習はとにかく英語に触れる時間を確保しておくことが大事ですが、忙しい社会人にとって、じっくり座って勉強できる時間は限られます。

通勤などの移動時間をリスニングの勉強時間に充てるというのもぜひ取り入れたいものですが、なにより圧倒的にリスニングの時間を増やせる手があります。

それが、家の中で日常的にAirPodsをつけてリスニングの”ながら学習”をすることです。

次のシーンをちょっと想像してみてください。

食器洗いや洗濯などの家事をしているとき、冷蔵庫に飲み物を取りに行くとき、なんならトイレにいってるとき、就寝して寝落ちするまでずっと、英語のリスニングの勉強をしている。

そりゃさすがにリスニング力が強化されて”英語耳”になってきますし、机に向かって勉強する時間はリーディングや他のことをする時間に充てられます。

使い方②:大画面での映画鑑賞やゲーム

PCやタブレットの画面を見て済ませてしまうことも多いですが、映画やゲームはやっぱり大きな画面で見るのが一番ですよね。

最近のテレビは4Kで55型というだけなら10万円を切るほど価格が安くなってますので、自宅に大型のテレビを置いている方も多いのではないでしょうか?

でも、特に夜はあまり大きな音は出せませんよね。

こんなときAirPods最高です。

ヘッドホンやネックバンドスピーカというアイテムもありますが、AirPodsは操作性の良さや、どんな姿勢でも大丈夫という点は非常に利点です。(普段使いしているAirPodsを利用してる時点でコスパも良い)

もし、テレビとワイヤレスイヤホンが接続できない場合は、ワイヤレスのトランスミッターを間に入れるだけで対応できます。

使い方③:静かに集中したいとき

自宅でリモートワークをしていると気になるのが生活音。

これはAirPods Proのノイズキャンセリング機能を使うだけです。

AirPodsをリモートワーク中のイヤホンとマイクの代わりとして使えますし、自分だけの作業に集中したいときなどは無音でノイズキャンセリングだけを使います。

AirPods Proのノイズキャンセリング機能の性能の高さにはかなり定評があり、実際使ってて驚くほどの静けさを体感できしています。

図書館やカフェで本を読むときも使えますし、この使い方も個人的にかなり重宝しています。

まとめ

今回はAirPodsを使うことで非常に効果的になる活用法を3つ紹介しました。

  • 英語のリスニング学習
  • 大画面での映画鑑賞、ゲーム
  • 自宅でのリモートワーク

いずれも、家の中でAirPodsを活用する方法です。

外出時に便利なAirPodsですが、家の中でも活用すればその効果は倍増。ぜひ、試してみてはいかがでしょうか。