【大人のデニムの条件】清潔感ときれいなシルエットのプレップカットがおすすめ(ジャパンブルージーンズのレビュー)

【大人のデニムの条件】清潔感ときれいなシルエットのプレップカットがおすすめ(ジャパンブルージーンズのレビュー)FASHION
FASHION

若い時は毎日デニムしか穿かないなかった私ですが、最近はデニムを穿く頻度は少なくなりました。

というのも、30代以上の年代では、ダボついているものや、色落ち・ダメージがあるタイプは特に清潔感がなく見えてしまいます。

体型は昔から変わっていないといっても、若い時穿いていたスキニータイプやタイトなデニムはどうしても似合わなくなってくるものです。

結局ユニクロのデニムを穿いている方が無難なくらいなのですが、無難すぎていわゆるおじさんのジーパン感が出てきてしまいます。

でも、やっぱりデニムは多少こだわって穿きたいものですよね。

ということで、30代以降の中年にさしかかった自分に合うデニムを探していたのですが、JAPAN BLUE JEANS(ジャパンブルージーンズ)のプレップカットが良かったので今回紹介したいと思います。

スポンサーリンク

JAPAN BLUE JEANS(ジャパンブルージーンズ)とは?

japanbluejeans公式サイト

JAPAN BLUE JEANS(ジャパンブルージーンズ)は、世界へ本物のジーンズを発信する、純国産のデニムブランドです。
ジーンズの聖地である岡山県でスタートし、品質やキレイに穿けるシルエットにこだわっています。

おすすめポイント①:オンラインでも安心して入手しやすい

こだわったデニムブランドですが、全国の割と身近な店舗で扱っています

直営店は岡山と東京しかないですが、オンラインで購入することも可能です。
公式サイトでは、サイズの測り方や裾上げ方法なんかも詳しく記載されていて、オンラインで購入するのも安心です。

おすすめポイント②:ラインナップが豊富で体型に合わせやすい

きれいなシルエットを目指しつつ、いろんな体型の人に合うようなラインナップ展開がされています。

自分の体型にあったシルエットを見つけることができるのではないでしょうか。

JAPAN BLUE JEANS公式サイトより引用

おすすめポイント③:こだわった品質なのに価格が手頃でコスパ良し!

生地にも相当こだわっていますが、高品質の割に価格は1万円代前半と手頃です。

普通、いわゆるデニムブランドのデニムといえば、2万円弱〜3万円くらいはするのですが、とってもリーズナブルな価格設定で展開しているのがうれしいところです。

また、生地そのものが丈夫ですので劣化もしませんし、ファストファッションには無いこだわったディテールの経年変化も楽しむことができ、長く愛用することができます。

スポンサーリンク

30代以上の男性におすすめはPREP(プレップカット)

ジャパンブルージーンズのプレップカット
ジャパンブルージーンズのプレップカットとは

JAPAN BLUE JEANSのPREP(プレップ)は、股上が深く、太ももから裾に向かって強く絞ったシルエットです。

安心するフィット感とすっきりと見える美しいシルエットで女性にも好評のモデル。

僕はもともとローライズのタイトなデニムを愛用して穿いていました。というのも、普通のストレートタイプを穿くとダボダボでだらしなくなってしまうというのが理由でもありました。

少し歳を重ねた今も体型自体はそれほど変わっていないのですが、トップスとの組み合わせやシルエット全体で見るとどうもしっくりこない。そして、年代的にタイトなデニムはどうしても頑張ってる感が出てしまいます。

プレップカットは、おしりや太ももまわりはゆとりがあり、体型がでにくくなっています。

そして、裾に向けては強く絞っているので全体としてはスッキリしたシルエットになります。

これこそ、30代以降に大事な、清潔感がありキレイなシルエットではないでしょうか。

プレップカットのバリエーション

ジャパンブルージーンズは同じシルエットでも、生地の違いなどバリエーションが豊富なのも魅力です。例えば、プレップカットでも以下のバリエーションがあります。

プレップカットのバリエーション
  • 生地:ジンバブエ綿/コートジボワール綿
  • oz(オンス):12oz/13.5oz/14oz
  • ジッパー/ボタンフライ仕様
  • ワンウォッシュ/ユーズド加工

直営店限定モデル以外ならアマゾンや楽天からでも手に入ります。

ジャパンブルージンズの色落ち

特に13.5oz以上の厚めの生地&ワンウォッシュタイプなら色落ちも楽しめます。

僕が所有しているのは、直営店で買える『14oz ジンバブエ×メンフィス綿セルヴィッチ【直営店限定】』のモデル。

りょー
りょー

色落ちはまだまだですが、丁寧に穿いていこうと思います。

プレップカットのフロント画像
プレップカットのボタンフライ仕様は直営店のみ
プレップカットのバック画像
バックステッチが無いシンプルな仕上がりがすっきりしていて好き
スポンサーリンク

さいごに

今回は、JAPAN BLUE JEANS(ジャパンブルージーンズ)のプレップカットを紹介しました。

シンプルライフのファッションのポイントは、上質でお気に入りの定番品を長く愛用していくことです。

今の体型、年代に合うこだわりのデニムを見つけてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました