【目標スコア600点】社会人のTOEIC対策におすすめの勉強法とは?

【目標スコア600点】社会人のTOEIC対策におすすめの勉強法とは?ENGLISH
ENGLISH

TOEICのスコアでまず超えておく必要があるのは600点です。

というのも、多くの企業は、このTOEICスコア600点を就職や転職、昇進などに関わる基準として採用しているからです。

それでも、TOEICスコア600点のレベルは満足なものではありません。本当にコスパが良いのは800点あたりです。ですので、スコア600点はなるべく早い段階で到達しておくことが重要になってきます。

そこで今回は、まずTOEICスコア600点に必要な書籍や勉強法について解説したいと思います。また、ゆくゆく800点くらいまでスコアアップを狙うための準備もあわせて紹介したいと思います。

もし、すでに600点、700点といったスコアがある方は、
ぜひ、目標スコア700点編や、目標スコア800点編をご覧になってみてください。

スポンサーリンク

1.TOEICスコア600点とは

まずは実力把握をすることが大事ですね。

1−1.TOEICの平均点はおよそ600点

TOEIC受験者の内、スコア600点以上を取得する人は約50%くらいです。

つまり、TOEICの平均点は600点だと考えるとわかりやすいですね。

1−2.TOEIC600点前後の実力は誰でも到達可能

600点未満の方は、受験者の平均レベルの実力を身につければ良いということです。

これをハードルが高いとみるか、低いとみるかは人それぞれかもしれませんが、確実に言えることは、『努力すれば絶対到達できる!』ということです。

というのも、スコア600点は、
①中学生レベルの文法知識、理解

②3,000〜5,000程度の語彙数 定番の単語帳1冊(7割くらいの習得)

③試験の慣れ(時間配分できるくらい。解ききる必要はありません)

があれば到達できるからです。

逆に言うと、①②③が今の課題ということになります。

スポンサーリンク

2.TOEICスコア600点未満の実力と課題

先ほど説明した課題①②③くらいはやったつもりでも600点超えられていないという方もいると思います。実際、過去の私もそうでした。

私は、理系大学生時代に初めて受けたTOEICが400点台。
その後、社会人になってから社内の基準だった600点をクリアし、
ここ1、2年で改めて英語学習を始めて730点、目標の800点とスコアを伸ばしてきました。

途中、停滞していた時期もありましたが、振り返ってみると、ほぼ一貫した勉強法で800点までスコアアップできたはずだと思っています。

そこで一番重要なのは、課題①②③に対して使う参考書や単語帳、問題集の選定です。

TOEICで出題される会話パターンや話題、文書はビジネスシーンを想定した、かなり限定的な範囲になります。

ですので、TOEIC向けに特化していない問題集や参考書でいくら勉強してもTOEICのスコアに直結しないことが大いにあります。

では、600点未満の頃の実力がどういったレベルで何が課題なのかを考えてみます。

2−1.TOEICスコア600点未満のリスニングの実力と課題

TOEICのリスニング問題に対する理解度の感覚として、
「Why 〜?」って聞こえたような気がするから、回答は「Because, 〜」かな?といった感じ(実際のTOEICの問題ではこれだと正解ではないことが多々あります。)

会話になると半分くらいは何を言ってるかわからない、という具合ではないでしょうか。

しかし、TOEICの問題というのは、何を言ってるのか理解できるならば、問題としてはとても易しい設問ばかりです。

つまり、スコア800点くらいあっても完璧に理解できているわけではありません。

流れてくる音声から、誰が、いつ、どこで、何について会話しているのか、ということを徐々に形作っていくようなイメージです。

結果2割くらいは間違ってしまうということは、何を言ってるのかをわかっていないことが2割くらいあるということです。

ざっくり言ってしまうと、どれだけ理解できたか=TOEICのリスニングのスコア

スコアアップに必要なことは、英語を聞く力を総合的にあげていくことですが、
注意したいのは、出題範囲に限定せず万遍なく勉強していてはキリが無くなってしまい、スコアアップにも繋がりにくくなることです。

逆に、出題範囲にしぼった勉強をすればぐんぐんと伸びる段階でもあります。

2−2.TOEICスコア600点未満のリーディングの実力と課題

リーディングの問題では、頻繁に見たことがない単語が出てきては、つまづいてしまうという感じではないでしょうか?

ちゃんと読むと、会社名や人名、建物、通りなんかの架空の固有名詞だったりすることも多いのですが、読み慣れていないと惑わされます。

スコア800点くらいあると、読み進めながら「あぁこれは建物か会社の名前だな」とか推察できるようになったり、パッと見て設問に関係無いと無視できたりします。

リーディングも内容さえ理解できれば問題としては易しいものばかりです。

ですが、TOEICのリーディング問題は、800点くらいの人でやっと全問解ききれるかどうか、というほどの問題量があり、読み飛ばす箇所も出てきてしまいます。

この時間内に文章を読み回答しなくてはいけないという分、すこし少し複雑で、

Part5の理解度+Part6,7の回答数=TOEICのリーディングのスコア
といった感じになります。

スコアアップに必要なことは、英語を読む力を総合的にあげていくことですが、
特にPart6,7部分は、筋トレのように地道に力をつけていく必要があります。

今の段階は、まずはPart5に集中して、余計な時間をかけずに、正答率を上げることを目指しましょう。

Part5を早く終えることができればPart6,7に充てる時間が増えますし、リスニングとPart5の勉強をしていれば、自ずとPart6,7の実力も上がってきます。

Part5対策は、リスニングと同様の理由で出題範囲にしぼった勉強が効果的です。

2−3.TOEICスコア600点に必要な勉強法とは?

まずリスニングにもリーディングにも基本的な文法知識というのは必要になります。文法はさらっとおさらいしておきましょう。

あとは、単語をベースとした語彙力を鍛えるのみという感じです。

ここで、先ほどから何度か記載している、TOEICの出題範囲に絞っ勉強というのが、必要になります。

これは私の失敗談になりますが、当初600点未満のころは学生の頃に使い慣れていた単語帳(Duo3.0)の習得率を上げていくのが効率的かと思い取り組んで時期がありました。

ですが、そもそも出題されない単語をいくら覚えても、スコアアップできるはずがありませんでした…。

Duo3.0は単語を効率よく覚えるのに非常に有効ではあります。
しかし、せっかく覚えても、その「短期記憶」を「後長期記憶」へ変えるような習慣がないとまたすぐに忘れてしまいます。

ですが、今はTOEIC以外の英語に触れる機会を増やしても仕方がありませんし、どうせすぐ忘れてしまいます。まずはTOEICに専念するのが一番ということです。

スポンサーリンク

3.TOEICスコア600点におすすめの書籍と勉強方法

3−1.TOEICスコア600点におすすめの文法用書籍

英語の文法に関してはキリがないというほどではありませんが、TOEICで必要な知識はさらに限定的です。

基本は中学生英語をざっとおさらいする程度で済ませてしまい、TOEIC用の問題を解きながら力をつけるというのが効率的だと思います。

おさらい用には、学生の頃に使った参考書などでも良いと思います。

TOEIC対策用は隙間時間を使って何度も繰り返して身につけられるようなものが良いです。

おすすめは、1駅1題 新TOEIC TEST文法特急

出題される文法だけが載ってるというので、Part5のスコアを手っ取り早くを伸ばせます。

TOEICの出題形式と同様に、問題を読んだら10秒で回答を選択するという形式なので通勤などの隙間時間で勉強しやすいです。

もちろん通勤時間によりますが、一日30分時間を取れれば、1週間で一通り終えることができるのではないでしょうか。

これを2周目、3周目と繰り返せば、出題される文法やその問題形式はだいたい把握できると思います。

また、それほどボリュームは多くないので、繰り返すうちにある程度内容を覚えてしまいます。

実際のTOEIC公開テスト前には1時間程度で見直せるようになっていると効率よく復習もできて安心できます。

3−2.TOEICスコア600点におすすめの単語帳

単語を覚えるのってしんどいですが、今は基礎力をつける段階です。

語彙力を伸ばすとともに、リスニングの耳も同時に鍛えられるように、音声付きのものを使って学習するのが良いです。

ただ、TOEICの扱われない単語やフレーズをいくら聞き込んで覚えても、TOEICの音声を聞き取ることは難しいです。

TOEICの扱われる語句を増やしていく必要があります。

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

鉄板です。

金のフレーズを使った学習法なども検索すればたくさん出てくると思います。
この本もTOEIC対策用は隙間時間を使って何度も繰り返して学習できるものです。

ある程度覚えた段階だと、TOEICの音声の中で一部でも「なんか聞いたことがある!?」と実感できるようになっていきます。

やり込めば700点くらいまではスコアアップできるのではないかと思います。
それくらいオススメです。

3−3.TOEICスコア600点におすすめの問題集

基本的には文法と単語をやっていればよいのですが、
TOEIC特有の問題形式に慣れておかないと、実力通りのスコアを出せません。

そこで、TOEICの問題形式や時間配分といった内容を踏まえておく必要があります。

公式問題集

TOEICの公式問題集を使うのが一番です。

ポイントは、問題形式や時間配分を掴むためのものだということです。
答えを覚えてしまうほど繰り返したり何冊もやりすぎると後々のスコアアップのための勉強に使えなくなってしまいますので、1冊で十分です。

試験前1ヶ月くらいから、きっちり制限時間を計って解くというのを何度か繰り返してみてください。

スポンサーリンク

4.さいごに

今回は、TOEICスコア600点を目指す方法を紹介しました。
もしスコアが伸び悩んでいるようでしたら、試してみてもらいたいと思います。

また、私自身の経験から、教材ややることの基本はそのままで700点、800点とスコアアップしていけると思っています。

それぞれのスコアを目標とした方法については、【目標スコア 700点編】社会人のTOEIC対策はシンプルな勉強方法がおすすめ【目標スコア 800点編】社会人のTOEIC対策はシンプルな勉強方法がおすすめを参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました