【中級者の英語学習】英語を英語で学ぶメリットと抑えておくべき条件

【3ヶ月で100点スコアアップ】社会人のTOEIC対策と勉強法ENGLISH
ENGLISH

TOEICの勉強をしてスコアを伸ばしたとしても、流暢に英語をしゃべれるようになるわけでもないというのが現実です。

それはTOEICではスピーキングを学ばないから、という理由だけではありません。リスニングで400点以上のスコアがあっても、字幕なしでは洋画を聞き取ることもほとんどできないでしょう。

でも、せっかく英語の学習をするなら実践的な英語スキルを身につけたいと思いますよね。

もし、英語で新しい知識を学ぶことができれば、英語の実力をつけながら新しい情報を得たりすることができます。

これはインプットの幅が広がるばかりでなく、視野が一気に開き、英語を学ぶモチベーションにもなります。

今回は、そんな英語中級者に向けた英語学習方法について紹介したいと思います。

スポンサーリンク

英語中級者のレベルとは

一般的な英語中級レベルとは、TOEICスコアでいえば500〜600点台あたりを指すことが多いようです。

この場合、上級者といえばTOEICスコア900点を超えるようなレベルになります。

中級から英語上級者になるための学習法としては、

  • 洋書に挑戦してみる
  • 英英辞典を活用する
  • 洋画を字幕なしで鑑賞する
  • 洋楽を聴いて英語の歌をうたう

などと紹介されているケースが多いかと思います。

ですが、TOEICのスコアを伸ばすという観点でいえば、これらの学習法はTOEICスコア700点、できれば800点を超えるまでは控えた方が良いでしょう。

なぜかというと、洋画や洋書、洋楽で扱う英語のほとんどはTOEICの試験には出題されないから。

そして、英英辞典を使うというのはなかなか非効率です。(日本語を覚えるのに辞書が効果的だったという経験はあまりないですよね?)

ただ、TOEICスコア800点などのある程度の下地を作っておけば、英語で英語を学ぶことができるようになり、効率が爆発的に伸びます。

英語を英語で学ぶメリットとその理由

英語を英語で学ぶメリットは何でしょうか?

それはズバリ、

効率の良さ

です。

英語を英語で学ぶメリットは相乗効果

英語を英語で学ぶ具体的な効果は次の2点です。

  • 英語学習の質が向上される
  • 世の中の新しい知識を得ることができる

これらの相乗効果が期待できることが一番のメリットというわけです。

英語を英語で学ぶべき理由

『何も英語で学ばなくても、翻訳機能を使った方が効率的では?』と思うかもしれません。

確かに、ディープラーニングなどのAI技術によって翻訳機能も実用的なレベルまで進化しています。

ただ、英語のドキュメントやYOUTUBEなどの動画を自動翻訳してみても、意味がわからないケースも多々あります。

AIによる翻訳は、流れてくる英語を純粋にそれらしい日本語に訳してくれるものの、何を伝えようとしているかという話全体の流れや意図までを汲み取っているわけではないからです。

特に、“もともと知らない内容” については、少しでも微妙な日本語訳に変換されると、理解する難しさが倍増します。

そうなると完全に翻訳されたものを探しだすか、無ければ待つかありません。これだと情報が限られてきてしまうし、新しい情報にはアクセスできません。

しかし、ちゃんと条件が揃っていればむしろ、英語のままの方が理解しやすくなってきます。

そうなると、世界の情報に直接アクセスすることもでき、一気に学習効率が高まります。

例えば、海外の旅行先の情報を英語のままインプットできれば、情報量や情報の質、情報の鮮度が圧倒的に良くなるというのは想像がつくのではないでしょうか?

また、googleやappleの基調講演をリアルタイムで視聴するだけで、情報が削ぎ落とされた日本語のまとめ記事を待つ必要もなく、自分が興味あるサービスや技術の動向を知ることもできます。

スポンサーリンク

英語を英語で学ぶための条件

英語を英語で学ぶ上での条件とは、以下の3点です。

  1. ある程度の英語力
  2. 解説やプレゼン形式の情報源
  3. アメリカやイギリスのネイティブの方、またはネイティブに近い発音の音源

ある程度の英語力

英語を英語で学ぶには、下地となるある程度の英語力は必要です。

目安としてはTOEICスコア700点以上、できれば800点くらいになるかと思います。

解説やプレゼン形式の情報源

フランクな会話やスラングが多いと話題についていくのが難しく、情報源としても密度が薄いです。

ニュースや何かの解説動画やプレゼン動画が良いでしょう。

映像があることで何について語られているのか理解しやすくなりますし、発音や話者の口の使い方も確認することができます。

本など”ドキュメント形式だけ”だと、発音を確認することができませんし、中級以上の英語学習として重要となってくるリンキング(リエゾン)について学ぶことができません。

アメリカやイギリスのネイティブの方、またはネイティブに近い発音の音源

アメリカやイギリス、カナダのネイティブの発音はTOEICのナレーションを1.5倍速くらいで聞く感じです。

TOEICのナレーションはかなり綺麗で標準的な発音です。TOEICの音声に慣れていれば、くせのないアメリカ英語、イギリス英語なら聞き取りやすいと思います。

ただし、両者ではかなり発音が違うので、どちらに興味があるか予め決めておくとよいかもしれません。

特に無いというのであればアメリカ英語にしておくのが無難でしょう。

中級者の学習におすすめのサイト:lingamarina

今回は、先ほどあげた条件に合うサイトの例を一つ紹介します。

lingamarinaというYOUTUBEのチャンネルです。

運営者はmarinaさんというロシア出身の実業家の方で、現在はロサンゼルスを拠点にしています。

YOUTUBEチャンネルでは、アメリカのネイティブのように発音したり会話できるようになったmarinaさん自身の経験をもとに中級者(Intermidiate)を対象とした英語学習法やアメリカでの生活などを発信していて、それが事業にもなってるという感じです。

世界中の英語学習者に向けて発信されているので、もちろん全て英語。そしてほぼネイティブのような英語です。

まずは、こちらの動画(How to speak English fast and understand natives)を視聴してみてもらえるとわかりやすいと思います。

他にも、英語の学習方法についての紹介や、身の回りの日用品をネイティブでは何というかを解説してくれる動画がたくさんあり、英語を英語で学ぶとっかかりになると思います。

スポンサーリンク

まとめ

今回は英語中級者の方に、英語を英語で学ぶメリットと方法について紹介しました。

ただし、英語を英語で学ぶための条件としては以下の3つを抑えておきましょう。

  1. ある程度の英語力
  2. 解説してくれる解説やプレゼン形式の情報源
  3. アメリカやイギリスのネイティブの方、またはネイティブに近い発音の音源

上記を踏まえ、英語を英語で学ぶのにおすすめのサイトとして、YOUTUBEチャンネル(lingamarina)を紹介しました。

また、プレゼンターの発音や専門性などを考慮する必要がありますが、もちろんTEDも良いですね。

TEDについてもいくつか動画を紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。