【TEDで英語学習】当事者意識を持たせるには? ついでにサクッと学んじゃおう!

【TEDで英語学習】当事者意識を持たせるには?ENGLISH
ENGLISH

TEDといえば英語学習に効果的!なわけですが、興味があるテーマや役に立つ新しい知識も身につけられるというのも魅力の一つですよね。

ただ、あまり関心のないプレゼンテーマだったりすると言葉の理解も完全ではないため消化不良で終わってしまうこともあると思います。

そもそも、テーマが自分にとって関係があるかどうかわからないと視聴に至らないこともあります。

そこで今回は、新型コロナの影響で話題になる『当事者意識』を取り上げたいと思います。

スポンサーリンク

当事者意識を持ってもらうには?

本サイトでは【当事者意識を持つには?】主体的に生きるための習慣とおすすめ書籍!という記事でも触れていますが、『相手に当事者意識を持ってもらう』にはどうすればよいのでしょうか?

結婚して家庭をもっている方や会社で部下や後輩を持っている方の中には悩みの一つになっている方もいるかもしれません。

また、新型コロナに対しては国民一人一人が当事者意識を持って行動する必要があります。それにはどのような意識づけがあり、自分たちは何ができるでしょうか。

参考記事>>>【当事者意識を持つには?】主体的に生きるための習慣とおすすめ書籍!

スポンサーリンク

『当事者意識を持たせる』のTED動画の紹介

一つの例として参考になるのが、今回紹介するTED動画『3つの賢い節水方法』です。

一見すると『当事者意識』も『新型コロナ』も関係ないように思えますが、これは世界規模で起こっている『水不足』に対して国家が国民に対して節水をどのように意識づけるかというものです。

その内容が、教訓その1 「貯水量が実際どれ位あるかを 皆に知らせる」です。 

情報が開示されると、その情報を知ったものは当事者であるという意識が芽生えます。

オーストラリアのメルボルンの事例では以下のように紹介されています。

市は人々にうるさく言ったり節水を嘆願したりはしませんでした。電光掲示板を利用し全ての市民に向けて 貯水量を表示したのです。実際の水の貯留量をありのままに人々に示し自分たちで責任を 取るよう促したのです。

これは新型コロナ禍の日本では、日々の感染者の推移を報道したり、警戒レベルに応じてレインボーブリッジをライトアップすることに相当します。

会社でもトップの意向や財務状況などの経営に関わる秘匿性の高い情報はむしろ開示した方が社員の士気が高まるとも言われています。

タイトル:3つの賢い節水方法(TED2017)

こちらが今回紹介する動画です。11分なので簡単に視聴できると思います。

スポンサーリンク

さいごに

今回は、『当事者意識をもたせる方法』について学べるTED動画を紹介しました。

当事者意識を持ってもらうってなかなか難しいことですよね。ということは自分自身が当事者意識を持つことも難しいということでもあります。

水不足を意識することがない日本においては、この動画を見てはじめて世界の水不足の現状を知ったという方も多いのではないでしょうか?

参考記事>>>【当事者意識を持つには?】主体的に生きるための習慣とおすすめ書籍!

また、もし英語が難しかったという方は【TEDで英語学習】一番最初に見るべきおすすめ動画の紹介!という記事も参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました