【年賀状は不要?】年賀状の新しい効果と効率化のコツ!

LIFE STYLE

いまどき年賀状なんてやりとりしていないという方もいらっしゃると思いますが、『いきなりやめるわけにもいかないし…。』と思って続けている方も多いのではないでしょうか?

慌ただしい年末に年賀状の準備って大変ですしなるべく負担は減らしたいものですよね。

では、ミニマリストの我が家ではどうしているか?というと、

りょー
りょー

ごく限られた枚数だけ年賀状をつくって親族を中心に送っています。

それこそ面倒なだけで要らないんじゃないの??』と思うかもしれませんが、ネット印刷を活用して超時短で作れますし、いろいろとメリットもあってこのスタイルになりました。

そこで今回は、『効果的』で『効率的』な年賀状作成の方法を紹介したいと思います。

こんなあなたにおすすめの記事です
  • めんどうな作業は省いて効率的に年賀状をつくりたい!
  • せっかく年賀状をつくるなら効果的なものにしたい!
  • 安くて安心、便利なネット印刷について使い方を知りたい!
スポンサーリンク

年賀状の由来と本来の意味

基本的には、ただの慣例だった年賀状のやりとり自体は無くしたいわけですが、本来の由来というか、大事な部分は社会人としておさえておきたいものです。

年賀状の由来

今も昔も、新年は新鮮な気分になる特別な日です。もちろん当時はネット通信や交通機関も整備されていないため、遠方の人と連絡をとることは難しい時代。そんな時代だからこそ、年始だけ特別に手紙を交換することが習慣になりました。

今の時代は逆に、スマホで済んでしまうからこそ手紙は特別感があって良いなんてよく言われていますよね。

年賀状の意味

日ごろお世話になっている方への感謝の気持ちと、遠方の方には変わらないお付き合いをお願いする気持ちを込めて送るものです。親しい相手には結婚や出産、進学や就職等の近況報告を、仕事の関係者等には日ごろのお礼をしたためるのが一般的。

社会人だと年賀状を送っていただくことが多々ありますよね。『年賀状はやりとりしないので』と丁重にお断りするのも別に失礼でもなくなった時代ですが、相手の礼儀として送って頂く方とはやりとりするようにしています。

年賀状の新しい効果

年賀状の本来の意味を踏まえた上で、我が家の年賀状スタイルと実感した効果を紹介します。

年賀状を『自分や家族の1年間を振り返る機会』にする

年賀状作成をきっかけに今年1年をどのように過ごしてきたかを振り返る機会にしてみましょう。

家族がいるならば、自分だけで振り返るのではなく、家族みんながそれぞれこの一年何があってどうすごしたのかをスマホの写真を見せ合いながら家族で振り返ることができます。

写真は1年のダイジェスト(要約)をつくるイメージで年賀状の素材にします。もちろん年賀状を送った相手ともシェアできます。

年賀状を『次の1年の過ごし方や目標を考える機会』にする

今年を振り返ると来年はどのような一年にしようかと具体的に考えることができます。

仕事では当たり前のものとしてやっているPDCAでも、日々の日常は漫然と過ごしてしまいがちではないでしょうか?

年賀状を『年単位の成長や歩みとして記録する機会』にする

この1年のダイジェスト的な年賀状を毎年積み重ねていけば、自分の人生のダイジェストができあがります。

最近はあまりにも写真や動画を撮ることが手軽すぎて、むしろ映像で溢れかえっています。おかで数年前のある1日の出来事を振り返ることもできるのですが、年単位や月単位の流れを追うというのは逆に難しくなってきています。

こんなとき手に取ってパラパラと眺めらる写真集のようなものがあると便利です。

年賀状には載せなかった候補写真も含めて数年分を1冊の本にまとめてしまえば、かなり効率的かつ効果的に過去の歴史を圧縮できます。

年賀状の簡単な作成方法はネット印刷

年賀状の素材となる写真さえ決まっていれば、プリンターも年賀はがきの用意も不要。ネット上で写真をレイアウトするだけで年賀状作成ができるネット印刷が便利です

宛名も印刷できて、宛名のリストは電子ファイル化すれば毎年しようできます。

ふみいろ年賀状2021
ふみいろ年賀状2021

かんたん・速い・安心なのはネット最大級の年賀はがき印刷サイト『ふみいろ』です。

こちらから登録できます→【ふみいろ年賀状2021】

作成方法はデザインフォーマットを選んで写真を配置するだけ

年賀状のデザインパターンはたくさんありますが、下の画像のような写真を並べられるタイプを選びます。

年賀状デザイン

こちらの画像の例だと、ある1日の風景を切り取ったようなものですが、我が家は一年を振り返られるような月単位や季節単位で写真を配置しています。

デザインフォーマットは毎年変化しますが、オーソドックスなものを選んでおけば毎年迷うことなく同じパターンで作成できます。

家族や子供の写真が載せた年賀状は相手によっては不快な思いをさせてしまう場合もあったり、相手の立場を考え、ただの自慢になるような内容にならないように注意しましょう。

さいごに

今回は我が家の年賀状スタイルについて紹介しました。

ネット印刷の場合は、一度利用してしまえばあとは毎年繰り返すだけで圧倒的な時短になります。

もし自宅で作成しているというのであれば、今年の年賀状からネット印刷に切り替えてみてはいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました